「スチームパンクすぎ」 ブリュッセルのメリーゴーラウンドに注目集まる

access_time create folder生活・趣味

ベルギーの首都ブリュッセルにあるなんともファンタジックなメリーゴーラウンドがTwitter上で話題になっている。

件のメリーゴーラウンドの動画を投稿したのはアートディレクターをしているというTwitterユーザーのmsk-mymt(@amoromia)さん。メリーゴーラウンドの座席はレトロフューチャー風のクワガタ、ペガサス、タツノオトシゴ、機関車などのモチーフがあしらわれている。

https://twitter.com/amoromia/status/1202631539449831424

「ブリュッセルのメリーゴーランドがスチームパンクすぎて。
子どもに与える選択肢の次元が違うわ。好き。」

こちらのメリーゴーラウンドを彩る座席部分は演劇やショー向けに機械仕掛けの大道具を制作するラ・マシン(La Machine)の作品とのこと。子ども向けの遊具ではあるが物好きな大人の心をくすぐる不思議なアーティスティックさに、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「あー、特殊な大人達からしか支持されない世界(個人的な褒め言葉)」

「好き!!!今日たまたまフィレンツェの街中を歩いてて、スチームパンクテイストのジェラート屋に遭遇したところでした。こういうの増えると嬉しいな。」

「トゥールーズにあったメリーゴーランドも素敵だから見てほしい」

「ンアアアアア…!!!!!好きすぎます…!!!!
どれもこれも素敵で乗ってみたいですが、やっぱり高所恐怖症だけどかなり高い位置にある魚のやつ気になりますね、高所恐怖症だけど
この浪漫溢れる豊富な乗り物の中であえてクワガタを選ぶ純粋なキッズもすこ」

「日本はどっちかっていうと
『みんな同じものを選ばなければならない』的な感覚があるように思う。」

「ティム・バートンな世界観」

たしかに日本では子ども向けの遊具にこうした意匠がこらされることは少ない。幼いうちにさまざまなアートに触れさせることは情操教育の上でも良い影響があると思うのだが。

※画像はTwitter(@amoromia)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧