感謝祭翌日の金曜日はブラックフライデーだけじゃなかったって知ってる?

access_time create folder政治・経済・社会

今年の感謝祭は11月28日の木曜日だったので、翌29日の金曜日がブラックフライデーです。それと同時にバイナッシングデー(Buy Nothing Day、無買日)でもあったことを知っているでしょうか?

バイナッシングデーとは、年1回は不要なモノを買わずに、消費主義について考えようという日のことです。この日は通常、消費主義に反対するなんらかのデモが行われます。


https://twitter.com/XR_NYC/status/1200436460509421574
ニューヨークのある店舗で、空のカートを押すデモ参加者たち。


https://twitter.com/Raeburn_Design/status/1200336164697313280
クリストファー・レイバーンのブランド、『RÆBURN』もオンライン・リアル店舗共に休みとすることでバイナッシングデーをサポート。ブランド理念の「REMADE(再制作)」、「REDUCED(削減)」、「RECYCLED(再利用)」と合致した行動です。


https://twitter.com/amadnije/status/1200295882635112453
「ブラックフライデーセール:2個買うと15%割引、3個買うと20%割引、何も買わなければ100%節約!!」とユーモアでバイナッシングデーを支持する人もいます。


https://twitter.com/Little_Soap_Co/status/1200322118615011328
「今日ばかりはブラックフライデーではなく、バイナッシングデーを推奨します」というイギリスのオーガニック石鹸の会社。

昨今の環境問題に対する関心の高まりもあってか、今後バイナッシングデーの影響力も強まっていきそうな気配です。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/Adbusters/status/1200338136192049153

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧