“ホテルじゃないホテル”やアーティスト・ミュージシャンが集う旧研究所 Booking.comから予約できるユニークな宿泊施設を見学してきた

access_time create folder生活・趣味

OTA(Online Travel Agancy)として世界220以上の国と地域に展開し、2900万件以上の宿泊施設のリスティングを誇る「Booking.com」。オランダ・アムステルダムの本社に日本のメディアを招いたプレスツアーでは、同社が力を入れる“ユニークな宿泊体験”の事例として、Booking.comからアムステルダム地域で予約できるユニークな宿泊施設2か所を見学することができました。

アムステルダム本社で説明された、Booking.comのサービスや技術、今後の展開についてはこちらからご覧ください。

多様な宿泊施設の予約から現地の交通・グルメ・アクティビティまでカバー Booking.comが提供目指す“コネクテッド・トリップ”と“ユニークな宿泊体験”
https://getnews.jp/archives/2272697

屋内のトラムや本棚の中も客室の“Hotel Not Hotel”

天井の高いロビーの中心にドンと置かれた、アムステルダムの路面電車“トラム”の車両。実はこれ、ホテルの客室なんです。アムステルダムのデ・バールスチェス地区で5年前に開業した、その名も“Hotel Not Hotel(ホテルじゃないホテル)”は、間違いなくユニークな宿泊体験が約束されたホテル。

もともとは建物と建物の間の通路をホテルに改装したそうで、映画スタジオのセットのように、内部の構造の自由度が高いのが特徴。

メキシコの教会のような“部屋”の脇から階段を上ると書庫のような“部屋”があり、通路に置かれたフォルクスワーゲンのミニバンも“部屋”。

人工の生垣があると思ったら、よく見たらドアノブがあるので“部屋”。これらの部屋は、若手のデザイナーがデザインを手がけた作品で、ホテル全体が美術館のような雰囲気になっています。開業当初は10部屋だったのが、現在では26部屋を擁する規模に。

部屋の内部も各部屋のコンセプトに応じてデザインされたもの。トイレとシャワーは共同です。

隣接するカフェバーでは、タイ料理とお酒が提供されています。お店の名前は「Kevin Bacon」。俳優のケビン・ベーコンが元ネタで、彼のお高くとまらない人柄にちなんで名づけられたそうです。

ホテル ノット ホテル(アムステルダム)– 2019年 最新料金
https://www.booking.com/hotel/nl/not.ja.html[リンク]

シェルの旧研究所がホステルになった“ClinkNOORD Hostel”

ロンドンに2か所のホステルを運営するClinkホステルグループが、新たに開発が進むアムルテルダム・ノールト地区で2015年に開業したホステルが“ClinkNOORD Hostel”。1920年代に建てられた、石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルの研究所をリノベーションして作られたホステルです。

1940年代に設置されたステンドグラスをそのまま保存。よく見ると貝殻のマークが模されていたり、シェル時代の面影が残っています。

ロビーの壁や階段の踊り場など、そこかしこにアート作品が展示されています。これらは、若手のアーティストがホステルに寄贈したもの。月に2回、ミュージシャンを無料宿泊させて音楽のライブも開催しており、アートと音楽の才能が集まる場としても機能しています。

ロビーやバー、くつろげる中庭など、宿泊客が交流できる場を意図的に多く用意しているのが特徴。1人でもグループでも、訪れた人たちが交流できるイベントが頻繁に開催されています。

ドミトリールームや個室など、235部屋に835ベッドを用意。アーティストの作品が飾られている部屋もあります。

すぐ近くには、ロイヤル・ダッチ・シェル本社ビルを改装した観光名所のAdam Towerがあります。高所恐怖症の筆者には信じられませんが、屋上にはブランコに乗って外に飛び出すアトラクションがあるようです。

このエリアは交通の便がよく、アムステルダム中央駅との間を片道5分程度で往復する24時間営業のフェリーで行き来ができます。移動手段も含めた“ユニークな宿泊体験”が楽しめる場所と言えそうです。

クリンクノールド ホステル(アムステルダム)– 2019年 最新料金
https://www.booking.com/hotel/nl/clinknoord.ja.html[リンク]

Booking.com | 公式サイト | 人気のホテル・宿
https://www.booking.com/[リンク]

access_time create folder生活・趣味
shnskの記事一覧をみる

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧