タイのシャワートイレ事情(自浄) なんつって

access_time create folderエンタメ

先週タイに旅行していた筆者だが、タイのトイレに入ることが何度かあった。そのときに気になる物を発見。それはトイレのタンクの脇に添えられているシャワーのような物だ。最初は何に使う物なのかわからず放置していたが、多くのトイレにそれが設置されているため、現地のタイ人に「あれはなんなのだ」と聞くことにした。

あのシャワーの正体はお尻を洗う物なのだそうだ。日本のシャワートイレのような役割で、親指か人差し指のどちらかで水を出すことができる。最近の物は大抵水圧調整も可能で、快適にお尻を洗うことができるのだという。しかし慣れない人がこのシャワーを使うとびちょびちょになってしまい、大変なことになってしまうそうだ。タイのトイレは、シャワーとトイレが一緒になっていることが多く、床が浴槽のようにタイルになっていることもある。

慣れるまではズボン(スカート)と下着を全部脱いで洗った方が良いとアドバイスを受けた。現地のタイの人でも慣れるまではビチョビチョになるらしい。こうやって比較すると、やはり日本のシャワートイレは世界で最も快適なんだと実感してしまう。

タイに行くことがあったら是非トライしてほしい。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

access_time create folderエンタメ

ソル

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧