NBAの試合会場前で香港デモ支持者たちがTシャツを無料配布

access_time create folder政治・経済・社会

最近、なにかと話題になりやすいのがNBAと中国というキーワードではないでしょうか。

NBAコミッショナー 「ダリル・モーリーを解雇して」という中国の要求に「可能性はゼロ」
https://getnews.jp/archives/2247391[リンク]

10月22日にカリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われた、ロサンゼルス・レイカーズ対ロサンゼルス・クリッパーズのNBA開幕戦。


https://twitter.com/latimessports/status/1186858087333777408


https://twitter.com/latimessports/status/1186818986119319552
試合開始前、会場となるステイプルズ・センターの外では、香港デモの支持者たちによる無料Tシャツが配布されていました。


https://twitter.com/MitchWagner/status/1186818347758784512
配布されたTシャツは黒と黄色の2色で、“Fight for freedom, stand with Hong Kong(自由のために戦おう、香港を支持しよう)”とプリントされています。奇しくもこの文言は、NBAと中国の関係がギクシャクする原因となったヒューストン・ロケッツのゼネラルマネジャー、ダリル・モリーさんがつぶやいた一言と同じ文言です。


https://twitter.com/josie_huang/status/1186824678028931072
モリーさんの香港デモ支持ツイートを批判したのが、レイカーズでプレイするレブロン・ジェームズ選手。いまだに香港デモ支持者には目の敵にされているようです。


https://twitter.com/Slasher/status/1186861461026623488
会場の外でTシャツをもらってから入場したファンも多かったようです。試合を生中継していたカメラにもしっかりと映っていました。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/josie_huang/status/1186824678028931072

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧