体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

七尾旅人×U-zhaanにちょっぴりインタビュー!『極楽パンチ2012』レポート(後編)

七尾旅人×U-zhaanにちょっぴりインタビュー!『極楽パンチ2012』レポート(後編)

新潟・小千谷 極楽寺の『エコマーケット』と『キャンドルナイトライブ』のイベント『極楽パンチ』レポート後編です(前編はこちら)。今回は、七尾旅人×U-zhaanによるキャンドルナイトイベントのレポートをお届けいたします。

風船とキャンドルに彩られた幻想的な本堂へ
太陽がすっかり沈んだ頃、本堂に上がると宙に浮かぶバルーンアートを色とりどりのキャンドルが照らし出す幻想的な空間が待っていました。誰もが一瞬息をのみ、席を取ることも忘れて立ちつくしています。

実は、この美しいキャンドルは、お寺で仏前に点すロウソクの燃え残り1670本をリメイクしたもの。まず、『極楽パンチ』のスタッフが黒くなった芯や蝋を削ってキレイにすると、キャンドルアーティストの馬場一樹さんがそれを新しいキャンドルへと再生させているのです。これらのキャンドルには、「人もモノもつながりあって循環していく本当の豊かさ」に向けた、極楽寺の麻田さんの思いが込められています。

みんなが少し落ち着いた頃、七尾旅人さんが登場。甘く、やさしく、透きとおる声で歌いはじめたのは「圏内の歌」でした。この曲は、昨年の4月から七尾さんがライブだけで歌い、アルバムには未収録(新作に収録予定)です。でも、ネットの映像などを介して、多くの人が口ずさむようになりました。私も、ライブで聴くのは初めて。一つひとつの言葉が流れ込んできて、胸がいっぱいになりました。

七尾さんひとりで4曲を歌った後、いよいよU-zhaanさんの登場です。

七尾旅人の歌声の上でりU-zhaanのタブラが踊る!

極楽パンチ2012 キャンドルナイトライブの本堂のようす

※バルーンアート×キャンドルナイトライブの本堂のようす

U-zhaanさんは、「今回は車で来たので」と6個ものタブラを用意。見ているだけでテンションが上がります。さて、タブラのチューニングが終わると「あらわれて」「春雷」を演奏。つやつやしたギターの音にどこまでも軽やかなタブラの音が合わさっていくのはみごとと言うほかありません。

七尾さんが「小室みつ子さんのニコ生で歌って以来」という、TMネットワーク「Be Together」フィッシュマンズ「ナイトクルージング」というレアな選曲の後は、誰もが聴きたいあの名曲「どんどん季節は流れて」から「ローリンローリン」へ。座布団の上ではありますが、揺れる背中たちが熱く盛り上がっていました。

最後の一曲は、U-zhaan × rei harakami 『川越ランデヴー』。U-zhaanさんの淡々とかわいた語り口に、七尾さんが歌うせつないサビが重なります。アンコールは、七尾さんの新作アルバムタイトル曲「リトルメロディ」、「お寺ライブのために作った」という「お釈迦さまでもわかるまい」を演奏。みんなで「なむあみだぶつ」を一緒に歌ってライブは終了!です。

ミュージシャンはお寺LIVEをどう感じているんだろう?

極楽パンチ2012 キャンドルナイトライブ準備中の本堂のようす

※準備中の本堂のようす。

ライブの途中、七尾さんがこんなことを話していました。

「近ごろ、世代の近い若い和尚さんたちが昔のようにお寺で人を楽しませ交流させたり、教えたりする場を復活させようとしていてよく呼ばれる。最初はちょっと緊張したけど、お寺だからこそ、くつろいでいいし、和やかに笑っていいんじゃないかなと思うようになってきて。お寺でこうして皆で楽しもうとすることは、近代に入ってからのお寺とは違うのかもしれないけど、200年や300年前のお寺とは、もしかしたら、近いかもしれない」。

そういえば、お寺LIVEに出演する人たちの話はまだ聴いたことがありません。「せっかく新潟まで来たんだし!」と勇気を奮い起こしてインタビューを申し込みましたよ! 

そして、U-zhaan×七尾旅人インタビュー
――ライブおつかれさまでした! 突然、インタビューをお願いしてすみません。おふたりは、お寺でのライブをどんなふうに感じていらっしゃるのかを聴いてみたくて。七尾さんは、さきほどMCで「最初は緊張したけれど、今はかえってリラックスできる」というふうにおっしゃっていましたね。

七尾:最初はやっぱり「お寺でやらせてもらっていいのかな?」と思って、選曲もかなり気を使ったんですよ。僕たちって、基本的に俗っぽいことというか、いわゆる煩悩を歌う場合が多いじゃないですか? 食欲、色欲、睡眠欲とか……よくわかんないけど(笑)。欲から無縁でいられない職業なので、どんな歌を歌ったらいいのかなあと思っていたんですけども、いろんなお寺に行くうちに「お坊さんにも煩悩はあるんだ」と思って(笑)。

――あはは(笑)。最初のお寺ライブはどちらだったんですか?

七尾:富山の善巧寺さんの『お寺座LIVE』。善巧寺の雪山さんは素晴らしいお坊さんで、彼のことはすっごい尊敬しているんですけど。『お寺座LIVE』って、全国からいろんなお坊さんが集まってきますよね。

――「読経隊」のみなさんですね。

彼らと話すうちに、何の遠慮もいらないんだなって思って。みんな、愛すべき人たちで、自分の友達なんかと一緒だなあという感じになったので、2回目からはあまり気を使わずに選曲もしています。あ、でも、お客さんはお年寄りや子供も来たりするので、そこは意識してますね。

U-zhaan:ふだんと違って、いろんな年齢層の人が来てるよね。

七尾:そうそう。MCでも言ったけど、200年、300年前のお寺に戻っている、戻りたいっていう部分があるんじゃないかと思っていて。今の時代は、ローカルな共同体がどんどんつぶされているじゃないですか? そうなったときに、何百年もそこでみんなを見守ってきているお寺ってそれだけですごい説得力があるから。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。