ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ブギーマンかジェイソンの仕業か リアルに血だらけの地下室は閲覧要注意

血しぶきが飛び散る描写のあるホラー映画は、俗にスプラッター映画と呼ばれます。「悪魔のいけにえ」、「ハロウィン」、「サンゲリア」、「13日の金曜日」といったホラー映画の名作も代表的なスプラッター映画だったりします。

スプラッター映画のワンシーンのような事件が、米アイオワ州で起こりました。

Iowa Family’s Basement Gets Flooded with Animal Blood(YouTube)
https://youtu.be/7zcfcCXcOcE

アイオワ州在住のニック・レスティーナさん一家の地下室が、ある日突然血だらけの状態になってしまいました。とはいえ、レスティーナさんの家族の中の誰かがブギーマンやジェイソンのような殺人鬼で、地下室で何人も殺していたというわけではありません。

実はレスティーナさんの家の隣にあるのは、食肉冷凍庫。ここで食肉を解体して保管していたのですが、冷凍庫を管理する業者が、血や骨などを適切に廃棄することを怠り、地下の排水溝に流していた事実が判明しました。排水溝から下水官へと流れ出た食肉由来の血、脂肪、骨などが、隣家のレスティーナさん宅の地下室に逆流し、血だらけの地下室となってしまったようです。

ちなみに、地下室に溜まった血の海は深さ12センチほどだったとのことです。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/ktivnews/status/1184562161345011715

※ソース:
https://www.weareiowa.com/news/local-news/family-finds-basement-flooded-with-blood-from-meat-locker/

(執筆者: 6PAC)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき