『シン・エヴァ劇場版』シンジとゲンドウ親子シーンに期待高まる 緒方恵美「今日は父さんとのシーンのみを重点的に収録」と報告

access_time create folderエンタメ

声優・緒方恵美さんが10 月19日に自身のTwitterで、2020年6月に劇場公開されることが発表されているアニメ「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のアフレコ状況を投稿した。


主人公の碇シンジ役の声優・緒方恵美さんは、

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」、後半パートのアフレコが今日から始まりました! ひとりひとり、ひとつひとつ、拘りを持って収録しているので、私達もあまり体験したことのない長いスパンの収録になりそうです。 チーム・エヴァ、応援して下さい。2020年6月お楽しみに。

と2冊のアフレコ台本の画像とともに投稿。


さらに、

仕事後、庵野さん、鶴巻さん他スタッフの皆様とごはん。 今日は父さんとのシーンのみを重点的に収録。でもまだ劇場版後半の、前半分だけだけど。それもリテイクでるかもだけど(笑)。 …という状況を、職業声優ですらわからないでしょう。我々もです(笑)。それだけ拘ってます。頑張るよ。

と、シンジの父親である碇ゲンドウ役の立木文彦さんとの2ショット写真を添えて投稿した。

この報告ツイートに、「本当の親子に見えてくるのが不思議ですね」「碇親子のシーンが重点を置くほどボリュームある事に期待が高まります…!」「親子仲良さそうで何よりですよw」といったコメントが寄せられている。

また、

・碇親子絡むシーンあるのか これはアツアツやね

・これはそこそこな量のシンジとゲンドウの会話があるってことか…いいですねぇ盛り上がるねぇ…‼︎

・旧エヴァでの碇親子は墓参りがピークで結局最後まで冷たい関係だったけど、シンエヴァではシンジとゲンドウは向き合うのかな。碇家補完計画で終わるような気もしなくもないし、それはそれで凄いことのように思う

などSNSでは、碇親子の関係がどうなるのか期待が高まる声もあがっている。

access_time create folderエンタメ
ぽん

ぽん

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧