ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラゴンクエスト9 攻略 : 気になるキーワード


B000LXD7HO


『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』とは、2009年7月11日に発売されたニンテンドーDS用のゲームソフトタイトルである。開発はレベルファイブ、制作・販売はスクウェア・エニックス。発売開始から2日間で230万本、4日間では300万本を出荷したと言われる。これにより、このシリーズは累計5000万本を突破した。また、攻略本の売り上げも破格で、2日で20万部近くを売り上げて、ここのところ書籍売り上げの1位を独走していた村上春樹の「1Q84」をおさえた。「ドラクエ」の愛称で親しまれるこのシリーズであるが、プレイヤー自身が主人公になりきってストーリーをたどっていく「ロールプレイングゲーム」というジャンルのゲームである。ドラクエシリーズは、初心者でも楽しめるよう、ゲームの難易度は低く設定されており、前提知識や反射神経も不要で、粘り強くコツコツ進めれば誰でも最後まで到達できるようなつくりになっている。今回発売された新作ではさらにゲームシステムが洗練されており、もはやドラクエシリーズの伝統でもあった「誰もいなさそうな野原を歩いているだけなのに何もない空間から唐突にモンスターが現れて闘う羽目になる」というシステムも改良されているようである。これで、どこから現れるかわからないモンスターにドキドキすることもなくなった。これだけ平易なゲームであるから、もはや攻略サイトは不要にも思えるが、これら攻略サイトはどちらかというと、「総てのアイテムをデータベース化する」「すべてのマップをたどる」などといった、ゲームをしゃぶりつくしたい人たち向けのコミュニティとしての様相を呈しており、つまりズルしたい人たちの集まりというより、ドラクエを愛する人たちが交流を深める場所としての役割が強くなってきているようである。

ちなみに、今回カジノはないみたいですよ。

■関連サイト
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 公式(スクエアエニックス)
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 公式(レベルファイブ)

■攻略サイト(ネタバレあり)
ドラクエ9 極限攻略データベース
ドラゴンクエスト9 完全攻略ナビ
ドラゴンクエスト9攻略Wiki


ドラゴンクエスト9 攻略


深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy