ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

これが社会か!『ヒロアカ』4期は「一言一言が心にズバズバ刺さる」 アフレコの裏側&3色ボールペンのこだわり話で大盛り上がり!山下大輝・津田健次郎インタビュー

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の堀越耕平先生による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』(通称、ヒロアカ)のTVアニメ第4期シリーズが、10月12日(土)より毎週土曜夕方5時30分、読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット(※一部地域を除く)での放送と各種動画配信サービスにて配信がスタート! 

なお、台風19号の接近による緊急特番を放送した日本テレビでは、10月19日(土)夕方4時より初回が放送されます。

今回は主人公・緑谷出久(愛称、デク)役の山下大輝さんと、4期から本格登場する敵<ヴィラン>団体・死穢八斎會の若頭オーバーホール役の津田健次郎さんにインタビュー。

お二人に、丁寧に作られているアフレコ現場の様子や、4期での変化、それぞれの“マイルール”など、お話をたっぷり伺いました。

オーバーホールは知的な部分を前面に

――オーバーホールは原作でも人気のキャラですが、3期の最後にセリフ付きで登場したことは作品ファンにも大きな印象を与えたと思います。反響はありましたか?

津田:ざわざわしていましたね。「オバホ!」って略称で呼ばれていたりもして、それだけ人気のあるキャラクターを演じさせていただくというのは、「お前、頑張れよ」というプレッシャーも含めてではありますけど、反響を感じて有り難かったですし、何よりも大人気作の敵(ヴィラン)をやらせていただけるのは嬉しくて、今も演じていて楽しいです。

――山下さんは、その「オバホ」のざわつきは感じましたか?

山下:原作漫画を読んでいる原作ファンのキャストはすごく多くて、特に1-Aのメンバーはそうなんです。だから、「あのキャラって誰になるんだろう?」と話し合ったりもするんです。オーバーホールについて話したときに、みんなの中で「津田さんか……。強え!」ってなりました(笑)。

津田:良かったです(笑)。

山下:みんな作品のイチファンなので、だからこそ、オーバーホールも出てくるというのを知っていましたし、どういうキャラクターなのかも漫画を読んでいてわかっていたので、とても楽しみでしたね。アニメで動いて、“個性”を発動して、どういう風にかき乱してくれるのかな、みたいなところがすごく楽しみでした。この4期の中でもオーバーホールは核になる存在だと思っています。今こうやって一緒に取材をしていただいて、その重要なキャラクターを演じている津田さんの意見や思いを聞いていると、これから演じていくのがまたさらに楽しみになっていくなと感じています。

――津田さんは、悪役を演じる時の心構えはありますか?

津田:悪役は、すごく楽しくて個人的に大好きです。やっぱり自由度が高いんですよね。正義側の方では出来ないことを余裕で出来てしまう。ヒーローだからお芝居的にこういうことをやっちゃいけない、という制限もいっぱいあると思うんですよ。悪役の場合はその制限がゆるかったりするので、そういう振り幅の大きさが悪役ならではで楽しいです。

また、重要な悪役はその悪役にとっての「正義」がいつも必ずあって、しかも初期段階からその正義が貫かれるというか、ブレないケースが多いんですよね。戦いって最終的にメンタルの強さの勝負だったりするんじゃないかと思うんです。そういう意味では、悪役はメンタルが圧倒的に強いので、最初はみんな太刀打ちできないんですよね。ヒーロー物は、主人公の成長譚でもあると思うので、悪役の壁に。主人公がいかに強いメンタルを貫いていくか、という展開に最終的にはなっていくのかと思っています。

――アフレコの現場で、オーバーホールを演じるにあたり受けたディレクションがあれば教えてください。

津田:第一声の収録のときに、かなり重めに、ある種イカれている部分を強めに出していたんですけど、音響監督の三間さんから「もう少しフラットにいこう」とご指示をいただき、もっと知的な部分を前面に出していく方向になりました。

――山下さんは、デクとしてオーボーホールと掛け合ってみていかがですか?

山下:やっぱり掴みどころがないですよね。何を考えているのかわからなくて、不思議というか怖い。一体何がこの人から出てくるんだろう、というおぞましさは感じていて。特に出会いのシーンだけだと、本心を一切出していないから怖いです。素に見えるけど何かがおかしい。それが醸し出されているキャラクターだと思います。

――3期までの敵(ヴィラン)たちとオーバーホールの違いは?

山下:話的にも4期のヒーローインターン編は少し難しさもある話になってきていると思います。ヒーローや敵(ヴィラン)の社会的な立ち位置だったり、そういう要素も含まれたりして、雰囲気としてもヘヴィーな面もあるので、今までとは雰囲気が全然違うと思います。大人な話だなと思いますし、オーバーホールは、そのまわりで人が他愛もなく死んでしまうくらい、結構シビアに描かれている位置にいる敵(ヴィラン)なので、これまでには出てきていない斜め上のキャラクターだな、と思いました。

例えば、2期で戦った敵(ヴィラン)のステインは「こうしたい、ああしたい」と自分から主張して、わかりやすくメディアで盛り上がるようなキャラクターだったと思うんですけど、オーバーホールは暗躍している敵(ヴィラン)だと思っています。とにかく裏で動くキャラクター。あと、とんでもない“個性”を持っているので、そういった部分も堀越先生さすがだな、と思う見せ方だったので、今後の展開を終盤まで1話も欠かさず見てもらえればと思います。

――4期の見どころを教えてください。

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき