ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

2019年もノーベル生理学・医学賞を楽しもう! ~かゆい!じゃ済まない、蚊とノーベル賞の話~(日本科学未来館科学コミュニケーションブログ)

2019年もノーベル生理学・医学賞を楽しもう! ~かゆい!じゃ済まない、蚊とノーベル賞の話~

今回は『日本科学未来館科学コミュニケーションブログ』より科学コミュニケーター 小林 望さんの記事からご寄稿いただきました。

2019年もノーベル生理学・医学賞を楽しもう! ~かゆい!じゃ済まない、蚊とノーベル賞の話~(日本科学未来館科学コミュニケーションブログ)

ノーベル賞と私たち、関係あります

こんにちは!科学コミュニケーターの小林です。
大学での研究をしていました。
血を吸いにきた蚊は、はたき落とす前にとりあえず種類を知りたい派です。

ところで、ノーベル賞の季節がやってきましたね。
今年の生理学・医学賞の受賞者発表は10月7日(月)18時30分から!

……え?
ノーベル賞生理学・医学賞って”何かすごい研究をした人がもらうもの”じゃないの?
自分には関係ないんじゃないの?

それがね、すごく関係あるんです。

あたりまえのような私たちの生活は、多くの研究者たちの研究成果の上になりたっています。ノーベル生理学・医学賞は、そんな”私たちの生活を変えたすごい研究”に対して贈られているのです。

感染症のケース

たとえば感染症。
私たちは、生きているうちに何かしらの感染症にかかります。

現代を生きる私たちは、病院に行けば多くの感染症の原因を特定してもらえますし、何らかの治療も受けられます。
感染症の種類によっては、感染拡大の防止対策がとられることもあります。

なんともありがたい世の中です。

でも実はこれって、感染症の正体がわかっていて、感染の仕組みがわかっていて、発症時に体内で何が起きているのかわかっているからできること。

では、これらが明らかになる前は?
ノーベル賞を受賞した研究が、いかに私たちの生活を変えたのか。

今回は、私が研究していた「蚊が媒介する感染症」について、いろいろある中でも、マラリアに注目してご紹介していきます。

おっと。マラリアと聞くと、日本とは縁遠い感染症のように感じますか?
あとでご紹介しますが、実はそうでもないんです。

これからご紹介するノーベル賞受賞者たち
(イラスト:科学コミュニケーター 三澤和樹)

マラリアとノーベル賞

マラリアは発症すると高熱、頭痛、吐き気などの症状が出て、重症になると意識障害などを引き起こし、死に至る感染症です。
病原体は「マラリア原虫」という単細胞生物で、蚊によって人から人へと運ばれます。

複雑なマラリア原虫の生活史。ここではとりあえず、マラリア原虫が蚊によって人から人へと運ばれることをお伝えしたい

人間はもう50万年くらいマラリアと闘っていて、世界中で多くの人間が犠牲となってきました。

歴史の教科書に載っているあんな人こんな人(平清盛とか、一休さんとか。ツタンカーメンのミイラからもマラリア原虫のDNAが採れて、感染履歴が明らかになりました。実在しないけど光源氏も物語中でマラリアらしき病になっています)もマラリアになったと言われています。

日本でも昔から土着の病気として流行していて、国内の流行がなくなったのは1960年代。意外と最近の話です。

現在行われているマラリア対策は大きく2つ。
早期治療:感染者を早く見つけて薬で治療する
媒介蚊対策:マラリア原虫を運んでくる蚊を退治するか、蚊に刺されないようにする

最近ではワクチンが試験的に導入されていて、ひょっとすると今後は
・ワクチンで予防する
という選択肢が増えるかもしれません。

人間とマラリアの長い長い闘いの中から出てきた研究、例えばマラリア原虫が人の体内に侵入するしくみや、治療法、そして蚊を大規模に防除する方法に対しては、人類に貢献した業績としてノーベル賞が贈られています。

<1902年受賞:ロナルド・ロス>
マラリア原虫がどうやって体内に侵入するのかわからなかった時代に、蚊の体内でマラリア原虫が生きていることを発見。さらに感染実験を行って、マラリア原虫が蚊によって媒介されることを証明した。

マラリアを媒介するのハマダラカ属の蚊(写真:国立感染症研究所 提供)

<1907年受賞:シャルル・ラヴェラン>
マラリア患者の内臓や血液をつぶさに調べ、患者さんに共通する特徴を見出した。それがマラリア原虫という生物で、赤血球内で成長することを発見した。

ツブツブが赤血球。紫色に染まっているのがマラリア原虫(写真:筆者撮影)

<1948年受賞:パウル・ミュラー>
DDTという化学物質が、蚊をはじめとする節足動物(昆虫やクモ、ムカデなど)に対して強力な接触毒性を持つことを発見。1940年代に行われた「マラリア撲滅計画」において、DDTは蚊に対する強力な武器として使用された。(:DDTはその後、環境への負荷が指摘され、現在は多くの国で製造・使用が禁止されている。WHOは、マラリア対策のために、他に使える効果的な殺虫剤がないときに限ってDDTの使用を認める、としている。)

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき