子育てママが“成果を出す”ために「やりがい×働きやすさ」を。社員全員が週3日以上の時短勤務を実現――「GOOD ACTION」アワード受賞・株式会社ルバート 谷平優美さん

access_time create folder生活・趣味
子育てママが“成果を出す”ために「やりがい×働きやすさ」を。社員全員が週3日以上の時短勤務を実現――「GOOD ACTION」アワード受賞・株式会社ルバート 谷平優美さん

働くあなたが思いを持って動き出し、イキイキと働ける場を作っていく。そんな可能性を秘めたアクションに光をあて、応援する「GOOD ACTION」アワード(※)。リクナビNEXTが主催するこのアワードの過去の受賞者にインタビューをしていく本企画。第4回目となる今回は、2018年度に受賞した株式会社ルバート代表取締役・谷平優美さんに、取り組みの経緯や効果、「GOOD ACTION」受賞後の変化についてお聞きしました。

「GOOD ACTION」アワード受賞者インタビュー記事一覧はこちら ※「働く個人が主人公となり、イキイキと働ける職場を創る」。2014年度から始まった「GOOD ACTION」アワードは、そんな職場での取り組みに光を当てて応援する取り組みです。

▲株式会社ルバート 谷平優美さん

ルバートは、子育て中の女性の支援を目的に、『ママハピEXPO』『ママハピWork』などのメディア・イベント運営、企業向け女性活躍推進ネットワークなどの事業を展開。現在9名いる正規メンバーはほぼ全員が子育て中の女性。「時短勤務でも高いパフォーマンスを発揮できる」「働きやすさだけでなくやりがいも得られる」ことを目指した取り組みが評価されました。

育児と仕事の両立に悩むママのコミュニティからスタート

――メンバーほぼ全員が育児中のママで、週3~5日勤務だそうですね。そうした組織が出来上がったプロセスをお聞かせください。

谷平 私たちの事業は、自宅での市民活動としてスタートしています。当時、「会社を興す」という発想はなく、「自分と同じ悩みを抱える人たちと情報共有したい」という想いから取り組み始めたんです。

20代の頃の私は、人材業界で、新規事業の立ち上げや企画、マーケティング、営業などとして働いていました。28歳で退職し、30歳で第一子を出産。ところが、保育園への入園が叶わず、待機児童になってしまったんです。この時、初めて「女性が働き続けること」の難しさを痛感しました。それでも仕事は続けたかった。私にとって仕事をするのは「当たり前のこと」だったし、20代で知った「仕事の楽しさ」を感じ続けていたかったから。そこで、育児と両立できる仕事として、フリーのキャリアカウンセラー、プリザーブドフラワー教室の講師など、いろいろと模索しました。

けれど、認証保育園の利用料は高額で、収入のほとんどが保育費に消えてしまう。さらに、当時の夫は多忙で育児はワンオペ状態。そんなストレスが重なり、ノイローゼ気味にもなったんです。

そこで、市民団体を発足して、同じような悩みを持つ人たちで交流や講座を始めました。2012年のことです。

――2012年頃といえば、「女性活躍推進」という概念はまだなく、育児支援も整っていない時期ですね。

谷平 育児中のママたちと情報交換する中で、やはり日本には育児と仕事を両立できるインフラと文化がないと実感しました。その課題を解決できるかはわからないけれどとにかく社会に理解してもらえるよう発信したいと考え、教育関連企業や幼児教室などの協賛を得て、ママ向け支援イベント『ママハピ』を開催するようになったんです。

育児に煮詰まり感・孤独感を感じているとか、本当は自分の経験や能力を活かした仕事がしたい、社会で価値を発揮したい、という女性が多いことを改めて感じ、「この課題解決に寄与するために、しっかりとした事業として取り組まなければ」と。そこで、法人化に踏み切りました。

当初は全員が在宅で働くスタイルでした。一見自由度が高く見えますが、皆、真面目なので業務を抱えすぎてパンク状態に。文化の醸成もできないので、「基本は出社。申請すれば在宅勤務可」に転換しました。現在は全員が週3~5日出社、15~16時までの時短勤務です。出社する曜日・時間帯などは、各自が家庭の事情に応じて組み立てられます。

時短メンバーの業務効率を上げる仕組みとコミュニケーションスタイルを整備

――時短勤務のメンバーだけで業務を円滑に進めるために、どんな工夫をされたのでしょうか?

谷平 いろいろと試行錯誤を重ねてきましたが、うまくいったことの一つは、「ムダなタスクの排除」「タスクの標準化・可視化」です。メンバーの業務内容を細かくヒアリングして、工数が多すぎる部分を簡素化して時間削減できるようにシステム改修を行いました。また、以前は、同じタスクでも人によってやり方が異なっていたので、タスクを一覧化するとともにマニュアルを標準化して整備しました。

もう一つが、「情報の透明化」。顧客とのやりとりなどにおいて、共通アドレスを必ずCCに入れるようにしました。「この件は○○さんしか知らない、返信できない」という状態をなくしたんです。資料も誰かのパソコンにしかない、という状態を避けるため社内サーバに格納して全員が閲覧できるようにしています。

メンバー同士のコミュニケーションのスタイルも、途中で大きく変えました。当初はLINEとメールを使っていましたが、どの情報がどこにあるのか、さっぱりわからなくなってしまって。今は『Chatwork』を利用しています。何十個とグループを作って、プロジェクトごとにコミュニケーションを取り、ファイルや画像などのデータも細かく共有しています。

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味

リクナビNEXTジャーナル

ビジネスパーソンのための、キャリアとビジネスのニュース・コラムサイト。 キャリア構築やスキルアップに役立つコンテンツを配信中!ビジネスパーソンの成長を応援します。

ウェブサイト: http://next.rikunabi.com/journal/

TwitterID: rikunabinext

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧