激しくインスタ映え! 7色の味付玉子「味玉レインボー」を作ってみました

access_time create folderグルメ

ラーメンやつけ麺を食べるときにトッピングされていると嬉しい味付玉子(煮玉子)。いい感じに味が染み込んでいて、半熟の黄身がとろ~り。思い出しただけでヨダレが出てきますね。

実はこの“味玉”ですが、自宅でも簡単に作ることができるのです。半熟のゆで卵を作ってタレに一晩ほど漬け込んでおくだけで完成。しかも漬けダレはめんつゆなど身近な調味料でも十分美味しく作れます。

白だしを使うと白い味玉を作れる

めんつゆを使って味玉を作るとゆで卵がめんつゆ色に染まるように、白だしを使って味玉を作るとゆで卵に味だけが染み込み、見た目はゆで卵とほとんど変わらない白色の味玉を作ることができます。

白色ということは何色にでも染められるということ。つまり……

着色料を使えばカラフルな味玉を作ることもできるのではないでしょうか。早速実験してみました。

着色料を使ってカラフルな味玉「味玉レインボー」を作ってみた

まずは白だしを使ってベースとなる漬けダレを作ります。

メーカーや漬け込み時間、味の好みなどによって加減していいと思いますが、今回は白だし2:水3くらいの割合で作りました。

漬けダレが用意できたらジップロックに適量を注ぎ、そこに着色料を投入します。

青色の着色料を添付のスプーンで2杯ほど入れたら、見事に真っ青な漬けダレが完成しました。ずいぶんと鮮やかな水色になりましたね。

同様に残り7種類の着色料も使ってカラフルな漬けダレを作っていきます。

いかがでしょう。まるで絵の具のように鮮やかな漬けダレが完成しました。鮮やかすぎていずれも味玉のタレだとはとても思えません。

ちなみに卵は漬けダレを作る前に6分~6分半ほど茹でておき、直前まで氷水でキンキンに冷やしておくといいです。殻をツルンとむきやすくなりますよ。

漬けダレを用意し終えたら卵の殻をむき、ジップロックの中に入れていきます。

青い液体にゆで卵を入れているとなんだか科学の実験をしているような雰囲気になりますが、あくまでも料理ですし、讃岐うどんのつゆのような味に仕上がるはずです。

こうして8種類の「味玉レインボー」の仕込みが完了。あとはムラができないように気にしながら冷蔵庫で一晩寝かします。いったいどうなることやら……。

色によって染まり方が全然違う! 「味玉レインボー」開封の儀

そして翌日。冷蔵庫で一晩寝かした「味玉レインボー」をひとつずつ開封していきます。まずは赤色から順番に取り出してみましょう。

赤色の味玉

わっ、赤い。思わず笑っちゃうくらい人工的な赤色です。ここまで赤いとなんだかめでたい気分になってくる。これは大成功といっていいでしょう。

青色の味玉

赤色の味玉が見事に染まったのに対し、青色の味玉は色のりがいまいち。青色というかファンシーな水色の味玉に仕上がりました。どうやら着色料の種類によって染まり方に差が出てしまうようです。

1 2次のページ
access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧