ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなのアリ? 『Siri』を立体化した“画面操作できない”iPhoneケース『Omniscient Siri』

Ominiscient Siri

『iPhone 4S』に搭載された音声アシスタント機能『Siri』が画面から飛び出してくる! 様子をリアルに表現した『iPhone』ケースが登場しましたよ。コスモウェブは、Saga Designの“画面操作できない”『iPhone』ケース『Omniscient Siri』の輸入販売を開始しました。

Ominiscient Siri

『Ominiscient Siri』は、『Siri』をモチーフに立体化した『iPhone』ケース。タッチ画面までを覆ってしまうため、『Siri』と会話することでしか『iPhone』を操作できなくなります。また、暗いところで操作すると、ディスプレイが目の奥で青白く光るのでかなり「それっぽい」感じ。ちょっとやってみたくなりますね……。ちなみに、このデザインは「Siriはどんな姿をしているのか?」を競うコンペの3D部門でみごと優勝したそうです。

『Siri Pro』(Scoopertino より引用)

ちなみに、2012年1月に“Unreal Apple News”サイト『Scoopertino』に掲載された『Siri Pro』(※もちろん冗談です)にもちょっと似ています。やはり『Siri』を擬人化すると、アンドロイドのような、あるいは能面のようなちょっと神秘的なイメージになるのでしょうか。

Ominiscient Siri

『iPhone』ケースというよりは、もはや『Siri』ケースといった趣ですね。お値段は1万3800円(税込み)。ジョークで買うにはちょっと高いですが、『Siri』フリークにとっては思わず手が出るアイテムかもしれません。サイズは、W74×D63,6×H115.8mm、やはり顔部分はすごくでっぱっています!
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。