ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

GoPro Hero8 Black 登場、モジュラーデザインの採用で機能をカスタマイズできる

GoPro は 10 月 2 日、アクションカメラの最新モデル「GoPro Hero8 Black」を発表しました。
価格は税込み 55,700 円で、10 月 25 日前後に発売されます。
約 1 年ぶりのリニューアルとなる GoPro Hero8 Black は前作 Hero7 を進化させただけでなく、折り畳み式マウントフィンガーを内蔵したフレームレスデザインを採用しており、用途別の機能を拡張してカメラをカスタマイズできるアクセサリーモジュールとの接続機能も追加するなど、例年になくワクワクする製品に仕上がっています。
GoPro Hero8 Black 用のアクセサリーモジュールは次の 3 つです。
光量の大きい外部ライトや複数の外部マイク、ビデオモニター等が使用できるようになり、映像制作用のカメラとしても十分使えるようになっていると思います。
機能面では、Hero7 に導入された Hyper Smooth が v2.0 にグレードアップ。
このビデオ安定化機能はすべての解像度・フレームレートに適用できます。
Hero7 では 4K に適用できず困ったものでした。
さらに、ビデオ安定化は、「ON」、「High」、「ブースト」から選択できるようになっており、新しく追加された「ブースト」を選択すると、Hero7 よりもブレない動画を撮影できると言われています。

同じく Hero7 に導入された Time Warp も v2.0 に進化しています。
Hero8 では速度をカメラまかせにする「自動」や、撮影中にカメラのボタンタッチで一時速くする機能に対応。
スピード変化のあるかっこいいムービーに仕上げられます。
GoPro Hero8 Black から「デジタルレンズ」機能を使用することができます。
これは 4 つの画角モードを画面のスライドで切り替えられる機能です。
デジタルレンズは、「SuperView(16mm 相当)」、「広角」、「リニア(16~39mm 相当)」、「狭角(27mm 相当)」から選択できます。
撮影の目的に応じて映像の画角を切り替えやすくなったということです。
写真モードについてもシャッターボタンを押す 1.5 秒前後の間に 90 枚の 4K 静止画を撮影して 3 秒間の 4K ムービーとしてもシェアできる 4K フォト機能「LiveBurst」が導入されています。
他にも、内蔵マイクが 3 つに増えて、移動中や海岸付近で撮影している時に気になる風切音も従来よりカットされるようになりました。
以上が GoPro Hero8 Black の特徴です。
動画は最大 [email protected][email protected] までに対応しており、静止画は 12.2MP まで撮影できます。
Source : GoPro

■関連記事
引っ越し等でGoogle Homeの設置場所が変わった時のネット再接続の流れ
Instagramアプリにダークテーマが導入
Apple MusicのAndroidアプリがChromecastへのキャストに対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき