アドビが無料で利用開始できるiPad用ドロー&ペイントアプリ「Adobe Fresco」をリリース 料金体系と有償版で使える機能は

access_time create folderデジタル・IT

アドビ システムズは9月24日、iPad用のドロー&ペイントアプリ「Adobe Fresco」をリリースしました。基本無料で提供し、月額1080円で全機能を利用可能になります。

Frescoは、iPadとApple Pencilの組み合わせを想定して開発された、プロの要求を満たすドロー&ペイントアプリ。プロ向けながら、誰でも使えるシンプルな操作感を実現しています。ビットマップで表現されるラスター形式のピクセルブラシに加えて、回転や拡大・縮小が自在なベクター形式のブラシを1アプリで併用できるのが特徴で、Photoshopのブラシ資産や、アドビ製品のブラシに関するエコシステムを活用できる点も大きな特徴です。

アドビがプロのイラストレーターに向けたiPad用ドロー&ペイントアプリ「Adobe Fresco」をお披露目 Photoshopのブラシにベクターのブラシも組み合わせ可能に
https://getnews.jp/archives/2192911[リンク]

必要なシステム構成は次の通り。

システム構成
• iPad Pro(すべてのモデル)
• iPad Air(第 3世代)
• iPad(第 5世代と第 6 世代)
• iPad mini(第 5世代)
バージョン 12.4以降の iOS が必要
推奨はApple Pencilを利用

料金体系は、月額1080円のAdobe Fresco単体プランのほか、Adobe Photoshop単体プラン、Adobe Creative Cloudコンプリートプランの契約者は追加料金なしでFrescoの全機能が利用可能。

有償で利用可能になる機能は次の通り。

無償版と有償版の違い
・PhotoshopやCaptureで作成したオリジナルブラシの読み込み
・1,000種類を超えるKyle Websterのブラシセット(入手&インストール)
・コミックと特殊効果、2つのピクセルブラシ
・100GBのクラウドストレージ
・中&高解像度画像JPEG、そしてPSDとPDFの書き出し

日本語版では、日本のユーザー向け29種のブラシセット「Jクリエイターブラシ」が利用できるほか、
日本向けのハガキサイズ(100×148mm)が利用できます。

Adobe Fresco | デジタルペインティング & 描画アプリ
https://www.adobe.com/jp/products/fresco.html

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧