ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

いま北関東の蔵がアツい! プロイチオシの列車旅で飲みたい日本酒5選

いま北関東の蔵がアツい! プロイチオシの列車旅で飲みたい日本酒5選

近頃人気が高まっている日本酒。日本酒の名産地として名高い東北エリアはもちろん、日本酒好きの間で注目の集まっている北関東エリアにも、おいしい日本酒がたくさんあります。

車窓を見ながらお酒をゆっくり味わえるのは、列車旅ならではの魅力。特に、地域らしさが感じられる日本酒をお供にすれば、旅情がいっそう高まります。そこで今回は、「新幹線呑みにぴったりな東日本の日本酒」を、はせがわ酒店 東京駅GRANSTA店さんに紹介していただき、びゅうたび編集部で飲み比べてみました。

東京駅で日本酒を買うなら「はせがわ酒店」

今回日本酒をオススメしてもらったはせがわ酒店さんは、日本全国の日本酒を取りそろえる専門店。中には、地方の蔵元と共同で開発したオリジナル商品や、都内ではなかなか手に入らないレアな商品も。

商品を購入すると、おちょこサイズの小さなプラスチックコップを付けてくれるのも、新幹線呑みにぴったり。

プラスチックコップ

 

さっそく飲み比べよう

そんなはせがわ酒店さんに選んでいただいたのが、こちらの5種の日本酒。同じくはせがわ酒店さんオススメのおつまみを肴に、さっそく飲み比べてみます。
クラシック仙禽(せんきん) 亀ノ尾(栃木県 株式会社せんきん)
御慶事 純米吟醸 雄町(おまち)(茨城県 青木酒造)
伯楽星 特別純米(宮城県 新澤醸造店)
山本 純米大吟醸 朝日(秋田県 山本合名)
あぶくま 純米吟醸 山田錦(福島県 玄葉本店)

【今回試食したのは…】

びゅうたび編集部Kびゅうたび編集部K:40代女性。日本酒が大好き。新幹線に乗る前に日本酒を選ぶのが至福の時間。 びゅうたび編集部Nびゅうたび編集部N:20代女性。普段はあまりお酒を飲まない。日本酒初挑戦。 びゅうたび編集部Mびゅうたび編集部M:30代女性。新幹線ではビール党だが、酒蔵見学での試飲は好き。 びゅうたび編集部Aびゅうたび編集部A:40代男性。お酒全般好きだが、日本酒を意識して飲む機会があまりない。

クラシック仙禽亀ノ尾

クラシック仙禽亀ノ尾(栃木県 (株)せんきん)

クラシック仙禽亀ノ尾 (栃木県 株式会社せんきん)
税別  1,637円

【バランス】
さっぱり  ―★― しっかり
初心者好み ★―― 玄人好み

【はせがわ酒店 オススメコメント】
日本酒といえば東北というイメージがありますが、最近は日本酒好きの間で北関東エリアが注目されています。人気の蔵元も増えていて、こちらの仙禽(せんきん)は栃木県の蔵元の商品。使われている「亀ノ尾」という米は古代米に近いタイプで、非常に力強い味わいが特徴。塩辛のような味の濃いおつまみにぴったりです。

【びゅうたび編集部のコメント】

びゅうたび編集部Kびゅうたび編集部K:私の推し酒! 高級ワインの「ドメーヌ製法」のように、田んぼのそばに蔵があって、原材料である米を育てる水と仕込み用の水は、同じ水源のものを使用しているんだって。
1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき