ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

音と映像の迫力が“色あせない名作”をさらに盛り上げる『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAX版を観てきた!

多くのエンターテイメントに影響を与えた映画『ブレードランナー』。公開から37年の月日が経った今も多くの熱狂的ファンを持つ、伝説的作品です。2017年には新作『ブレードランナー 2049』が公開されたことも記憶に新しいはず。

そんな『ブレードランナー』の『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAX版が、全国32館のIMAXシアターにて期間限定で上映中。

【ブレードランナー ファイナル・カット(IMAX)9月6日(金)~2週間限定上映】
舞台は放射能で汚染され酸性雨が降りしきる2019年ロサンゼルス。強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカード(ハリソンフォード)が単独、追跡を開始するが……。
上映時間:118分

あの『ブレードランナー』がIMAXになるとどうなるのか? 筆者も、7月19日にオープンしたばかりの池袋「グランドシネマサンシャイン」にて体験してきましたよー! 今回筆者はめっちゃ贅沢してプレミアムクラス席(通常料金 +¥1,500)で観たのですが、IMAXだけなら(通常料金 + ¥700)で観ることが出来ますッ!

ロビーがキラキラだったり、池袋の街を一望出来たりと気分が上がる池袋「グランドシネマサンシャイン」。

常設映画館としては国内最大のスクリーンサイズ(縦18.9メートル×横25.8メートル)を誇るIMAXレーザー/GTテクノロジーシアターということで、超巨大なスクリーンにまず圧倒されます。どこから観たって大大大迫力の映像が楽しめるという贅沢。アクションシーン、近未来の退廃的な街のシーンはもちろん、主演のハリソン・フォードや役者陣の表情もよりリアルに感じることが出来ます。

さらに凄かったのが音。本編がはじまる前に流れた、『アナベル 死霊博物館』(9/20公開)の予告編がとてつもなく怖く感じるほどの音の深みで、『ブレードランナー』の世界をよりクールに、緊張感たっぷりに盛り上げてくれました。

37年経っても色あせない名作が、最新技術によってもっと新鮮に感じることが出来た『ブレードランナー ファイナル・カット』のIMAX上映。もちろん当時の映像のままの温かみも好きなのですが、IMAX版は良い部分が際立つという感じで、本当に素晴らしかったのです。何より、リアルタイム世代では無い30代中盤の筆者にとって、これだけの大スクリーンで『ブレードランナー』を観ることが出来たことが何よりも感動!

今年7月に亡くなった俳優のルトガー・ハウアー氏が演じる、レプリカントのリーダー・ロイのシーンも、もちろん最高。恐怖と切なさが共存した熱演ぶりもぜひIMAXで!

『ブレードランナー ファイナル・カット』
<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組)¥5,990+税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
TM & (C)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき