Alexaの音声操作に対応するキューブ型メディアストリーミング端末「Fire TV Cube」が国内発売 価格1万4980円で11月5日に出荷開始

access_time create folderデジタル・IT

Amazonは9月5日、メディアストリーミング端末「Fire TV Cube」(第2世代)の販売開始を発表しました。本日から予約受付を開始し、11月5日の出荷開始を予定しています。

Alexaによる音声操作に対応。8個のマイクアレイとビームフォーミング技術を利用した遠隔音声認識機能により、残響音や再生中のコンテンツの音、話し声を個々のマイクが信号処理し、「アレクサ、〇〇を再生して」というユーザーの呼びかけを聞き分けて応答します。Alexaスキルにも対応するほか、内蔵スピーカーで天気予報やニュースを聞いたり、音楽を再生するなどスマートスピーカーのようにも利用可能。

本体にはヘキサコアプロセッサを搭載。Dolby Visionや最大60fpsの4K UHDメディアに対応するほか、サウンドではDolby Atmosに対応します。対応する映像サービスとして、プレスリリースにはPrime Video、Netflix、Hulu、DAZN、FOD、AbemaTV、Tverといったサービスの中に、YouTubeの名称も記載されています。

双方向の赤外線、HDMI-CEC、クラウド経由での制御に対応し、Alexaを通じて対応するテレビやサウンドバー、AVアンプ、スマートホームデバイスをコントロール可能。

赤外線延長ケーブルとイーサネットアダプターが付属。赤外線リモコンも付属するものと見られます。

access_time create folderデジタル・IT
shnskの記事一覧をみる

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧