ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

はじめての廃線ウォーク@群馬 知る人ぞ知るその魅力とは

はじめての廃線ウォーク@群馬 知る人ぞ知るその魅力とは

廃墟・廃道・廃線……かつては一世を風靡したものの時の流れとともにその役割を終え、ひっそり歴史となって人知れず佇む、つわものどもが夢のあと。そんな痕跡との出会いにわくわくする荻窪圭です。

今回参加したのは、安中(あんなか)市観光機構が主催する「廃線ウォーク」。かつて使われていた線路をガイドと一緒に歩くツアーだ。今回は、信越本線の「JR横川駅」から、かつて峠越えに使われていた線路を歩く。

 

廃線後放置されていた信越本線新線とは

信越本線新線と言われても最近の人はピンとこないだろうから最初にちょっと説明。
信越本線の「信」は「信濃」、「越」は「越後」。高崎から長野や新潟へつながる路線だ。古代から東と西を結ぶ重要なルートで、江戸時代には中山道となった道。それに沿う形で1885年(明治18年)に敷かれたのである。

急勾配の碓氷峠越えのため、「アプト式」という特別な仕組みが採用された。当時は最新技術ではあったが、速度が遅く、時代とともに輸送力不足となった。1963年、急勾配を上るための専用の電気機関車(EF63)が開発され、新たな長いトンネルとともに、新しい峠越えのルート「信越本線新線」が完成。それに伴い、明治に作られた線路は廃線となった。

その後、1997年の新幹線開通にともなって、峠越えの難所だった「横川駅―JR軽井沢駅間」が廃止されて横川駅が終点となり、明治から昭和中頃まで使われた「旧線」と、昭和中頃から廃線になる1997年まで使われた「新線」の2つの廃線ができたのである。明治の旧線、昭和の新線、平成の新幹線、と進化したと思えばいいかも。

現在、横川駅から「アプトの道」として整備され、誰もが散策できるのが「旧線」。対して、昭和の「新線」は立ち入り禁止とされていたが、それを歩けるのが今回の「廃線ウォーク」。なんと、非公開廃線をたどれるイベントなのである。

廃線ウォークには、さまざまなツアーがあり、ツアーによって歩く路線やルートが異なる。最新のツアー情報は、こちらにて確認できる。

※出所:廃線ウォークホームページ<信越本線の歴史>
電気機関車EF63

急勾配に対応した電気機関車EF63。1997年まで使われた

東京駅

北陸新幹線と信越本線で横川駅へ

廃線ウォークの集合場所は横川駅近くの「安中市観光機構 横川オフィス」。集合時間はなんと朝8時15分。そんな朝早くに東京から横川まで行けるのか、前泊しなくて大丈夫か……不安がよぎったが、東京駅を6時28分発の北陸新幹線「はくたか551号」に乗ると間に合うのである。すごい。7時18分にJR高崎駅着。7時30分発の信越本線横川行に乗換え、終点の横川駅に着くのが8時3分。東京から1時間半ちょっと。予想以上に近くてびっくりだ。
信越本線

高崎駅で信越本線横川行に乗換え

横川駅

横川から「廃線ウォーク」スタート

いやな予感はしてたけど、横川駅に着いたら雨。こんな雨でも開催されるか不安に思いつつ改札を出ると、パンフレットを手にした安中市観光機構の方が案内のために立っていてくれたので一安心。「雨の廃線もいいですよ」といわれる。

同じ列車で来た参加者も一緒に、駅から徒歩約5分の「安中市観光機構 横川オフィス」へ向かう。わたしと同じ6時28分の新幹線で来たそうな。早起き仲間がいた!

観光案内所
1 2 3 4 5 6次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき