ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

東急不動産HDが渋谷ソラスタに本社移転。新しい働くカタチを目指すオフィスの実現。

CalL (2)
現在、「100年に一度」といわれるほどの再開発が進行中の渋谷。道玄坂の丘の上に新たに誕生するのが大規模なオフィスビルの渋谷ソラスタ。このビルに東急不動産ホールディングスの本社が移転し、8月14日から稼働する。
渋谷に限らず都心ではオフィス市況は活況で、渋谷区や新宿区などの都心5区に限っては、供給は今後もしばらく続くことが見込まれている。一方で働き方改革によって、快適なオフィス環境も求められている。そんな時代背景にあって、東急不動産HDの新オフィスは、働き方改革の見える化を実現するために、様々な環境整備がなされている。
CALL1CALL4
 新本社の名称は「Call(コール)」。「いつでもどこでも働ける時代だからこそ、わざわざ帰りたくなる場所を作りたい」と考え、本社が呼んでいるという思いを決めて、Callと名付けられた。Callは目指すべき「CHANGE  for ALL」、「COMMUNICATION for ALL」のCとALLを取ったものでもあるという。
新しいオフィスのあり方、働き方を目指すCall。「グリーンワークスタイル」「IoTを活用したスマートオフィス」「健康経営に向けた取り組み」という3つのポイントが掲げられている。オフィスの中にはいたるところにグリーンがある。木々や草から発せられるフィトンチッドによって、心も体もリラックスするという実証例がある。IoTを活用することによって、自分のデスクは持たずに目的に応じて働く場所を選択する。それによってペーパーストックレスなどを目指す。健康というポイントでは、気軽にフィットネスができるようフィットネスエリアが設けられ、昼寝をしてリフレッシュできるように仮眠室も完備されている。
CALL2
CALL3 これらすべては、新しいオフィスのあり方、働き方の提案を行って行くというミッションが根底にあるから。働く場所や時間を自由に選ぶことができるようになっている社会の流れの中で、オフィスをどうすることで一人一人の効率が上がるのか。ストレスが軽減できるのか。そしてオフィスがどうコニュニケーションの場となり得るのか。本社移転による東急不動産HDの働き方の見える化の実現は、オフィスが求められる働きやすい環境へのひとつの方向性を示してくれるのかもしれない。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

スターバックス「リザーブ」ストア1号店、東京・銀座に9月4日オープン!
【本当にあった嘘のような話】就活生は必見! アメリカの学生が内定を貰うために企業に仕掛けた斬新な媚の売り方とは!?
あの名作が12年ぶりに帰ってくる!

東急不動産HDが渋谷ソラスタに本社移転。新しい働くカタチを目指すオフィスの実現。
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき