ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile、Xperia PLAYのAndroid 4.0アップグレードを断念、残りの2011年モデルは来週から、Xperia Sは6月末より開始

Sony MobileがXperiaスマートフォンの2011年および2012年モデルのAndroid 4.0アップグレードに関する発表を英国時間5月25日に行いました。今回は以下のことが発表されました。 Xperia arc、Xperia neo、Xperia mini、Xperia mini pro、Xperia pro、Xperia active、Live with Walkmanのアップグレードを来週より開始予定。 2012年モデルのアップグレードは、まず最初にXperia S向けを6月末に開始予定、続いてXperia P、Xperia UはQ3後半になる可能性がある。 上記モデルには最新版のAndroid 4.0.4(ICS)を提供する。 Android 4.0.3を提供中のXperia arc S、Xperia ray、Xperia neo VにもAndroid 4.0.4の準備ができ次第提供する。 Xperia PLAYはアップグレードできない。Sony MobileはXperia PLAYのアップグレードを断念したのではないかという憶測は残念なことですが当たっていたようです。理由については、特にゲームにおいて一貫した安定性がAndroid 4.0にしたXperia PLAYでは保証することができないという結論に達し、このような決定をしたとしています。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S III LTEの韓国モデルはグローバルモデルとデザインが違う?
Expansys Japan、Xperia ionとASUS Padfoneの仮予約受付を開始
Android 4.0搭載Galaxy Tab 2ホワイトカラーが香港で発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。