ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

夏休みの宿題で悩む子どもたちの救世主に!?  小学5年生の書いた読書感想文がすごいと話題の本

夏休みの宿題で悩む子どもたちの救世主に!?  小学5年生の書いた読書感想文がすごいと話題の本

やっかいな夏休みの宿題の代表格として挙げられる読書感想文。夏休み終了までのカウントダウンがぼちぼち始まっていますが、お子さん、お孫さんが、まだ終わっていないという方はこの本を手渡してみてはいかがでしょうか。

『のび太という生きかた』(横山泰行著、アスコム刊)は、10年前に、逗子開成中学・高等学校の中学二年生がこの本を題材に書いた読書感想文が「スゴイ」と話題に。それがきっかけで、この本で多くのお子さんが読書感想文を書くようになり、30万部を越えるベストセラーになりました。

そして、多くの読書感想文の中でも話題となっているのが、出版社であるアスコムの公式サイトに掲載されている惜陰小学校5年生(当時)の山本昴さんが書いたものです。

●負け犬と思っていたのび太は実は勝ち組

 『のび太という生きかた』の中で著者は、のび太というと、いつもジャイアンやスネ夫にからかわれているし、テストの点数も散々。人生の負け犬のようなイメージがついていますが、勝ち組であると言っています。 

「ダメ人間の代表のようなイメージのあるのび太の生きかたを、反面教師として描いた本かと思った」

と、感想文の冒頭で述べている山本さんは、この本を読んでのび太が勝ち組であることに納得。そして、のび太は人として大切なものを持っているのに、マイナスイメージが強いのは、

「自然体でかっこつけないのび太だからこそ、ダメな自分もさらけ出し、無理せず、自分らしく生きているからなのかもしれない」

と独自の解釈を述べています。

●のび太が夢をかなえるためのコツを教えてくれる

さらに、

「しずちゃんとの幸せな結こん生活をイメージ出来るようになったから、のび太は辛い毎日にも関わらず、くじける事なく、日々を送る事が出来るのだ」

との著者の考えに共感。それを受けて、

「ぼくには、しょう来魚博士になるという夢がある。そのためには、今は学校の勉強や目の前の事を頑張る必要がある。それが大切だとわかっていても、やっぱりいやだなとかめんどくさいなと思うこともしょっ中だ。そんな時は、成功した自分を想像してみようと思う。今自分が何をやるべきかがわかるし、やる気もわいてくる気がする。それでも、辛い時や苦しい時は、何度もおとずれるだろう。そのたび、それを乗りこえて幸せになった自分を想像する。そのくり返しでいいのだ、とのび太が思わせてくれた」

と書き、

「きみはこれから何度もつまずく。でもそのたびに立ち直る強さももっているんだよ。」

という未来ののび太のこの言葉を、これから辛いことがあるたびに、思い出すだろうと結んでいます。

本の内容を自分ごとにしっかりと落とし込んだ、夢に対する熱い想いの溢れた文章。これが小学五年生の感想文というのに驚くとともに、小学生のピュアな思いが心に響くのではないでしょうか。出版社のアスコムには「自分よりよっぽどしっかりしている」「人生に大切なことを小学生に教わった」という大人たちからの意見が寄せられているとか。

『のび太という生きかた』で多くの感想文が書かれている理由を、出版社の編集担当者は「普段から本を読まない子どもでも読みやすいからではないか」としています。普段本を読まない人でも、のび太のキャラクターはよく知っているので、理解しやすく、興味を抱けるようです。

夏休み終了まであと少し。読書感想文が苦手で後回しにしてしまっている人も、この本ならすらすらと感想が出てくるのではないでしょうか。

(新刊JP編集部)

・惜陰小学校5年生(当時)山本昴さんの読書感想文全文はこちら(アスコム公式サイト)↓↓

http://www.ascom-inc.jp/nobita/report.html

【関連記事】

元記事はこちら

成功者だけが知る「直感」の重要性と鍛え方

星稜野球部のメンタルコーチが教える「勝負強さ」の作り方

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき