ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

山﨑賢人・新田真剣佑・永野芽郁インタビュー 映画の様に『二ノ国』に飛ばされたら?「受け入れちゃうと思う! むしろ行ってみたい」

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画 )×音楽:久石譲 (『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作『二ノ国』が大ヒット上映中です。

高校ではトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公”ユウ”の声を演じる山﨑賢人さんをはじめ、ユウの親友”ハル”役に新田真剣佑さん、2人の幼なじみでハルの彼女”コトナ”/二ノ国のエスタバニア王国の王女アーシャの2役を永野芽郁さんが演じる本作。人気俳優陣の声のお芝居にご注目です。

そんな、山﨑さん、新田さん、永野さんの豪華3ショットインタビューを敢行! 作品について、お互いのキャラクターとの共通点とは? 色々とお話を伺いました。

『ニノ国』ストーリー
幼馴染のユウ、ハル、そしてコトナ。命の繋がりをもつ“一ノ国”(現実世界)と“二ノ国”の存在を知った時、3人の運命は二つの世界をまたにかけ、壮大且つドラマチックに展開してゆく。自分の愛する人を守るため、命を秤にかけることはできるのか? 果たして2人が下した決断とはー!?

――本作楽しく拝見しました! 本作に参加した率直なお気持ちを教えてください。

山﨑:アニメーションへのアフレコは初めてで、声だけのお芝居が本当に難しいなと思いました。アフレコは一人で行うので不安もいっぱいで。でも日野さんに「まずは気持ちだけをこめてくれれば」と言っていただいて一生懸命。映像と声を合わせた物を観た時は、日野さんに、久石さんに、とすごい皆さんが作った作品に関わらせていただいたんだなあと感動しました。

新田:僕も普段声だけのお芝居はしていないので、想像と違う難しい部分がたくさんあって。でもアフレコは一人ですけど、現場では賢人も一緒だったので、お互いをかけて励ましあって。そういう意味では、芽郁ちゃんは一人で可哀想だったなって。

永野:そうなんです(笑)。二人の声も全く入っていない状態だったので、全て手探りで。一人で頑張らないと!という気持ちで。

山﨑:そうだよね、僕たちは芽郁ちゃんの声が入った状態で演技出来たので、そこは助けられました。キャラクターは動いているけれど自分は立ったままの状態で、動いている声のお芝居をするのがすごく難しかったです。

▲山﨑賢人さん演じるユウ。

永野:自分とマイクとの距離感は変わらないので、映画の中では広い世界が広がっているので、距離感とか空間の使い方を考えるの 本当に大変でした。

――すごく生き生きとした声の演技で素敵でした。

永野:ありがとうございます! 試写を観させていただいて、自分が声を入れている作品なのに、「こんな世界があったらいいなあ」って心から思える素敵な世界観で。気持ちもアガる出来上がりになっていて。はやくまた映画館で観たいです。

――皆さんは映画の様に二ノ国に行ってしまったらどうしますか? 戸惑いますか? 意外と馴染んじゃいますか?

山﨑・新田・永野:受け入れちゃうと思います!

山﨑:二ノ国はむしろ行ってみたいですね。

新田:二ノ国に行って、あのピンクのキャラクター、モコモコになりたいです!

永野:あれかわいいよね!

山﨑:僕は犬の騎士がすごくいいヤツで好きです。

永野:私はダンパ! アーシャ姫がいつも一緒にいるキャラですが、私も友達になりたいです。

――ちなみに、山﨑さんと新田さんはコトナ派かアーシャ派どちらが好きですか?

山﨑:う〜ん……。コトナかなあ、やっぱりアーシャかなあ。

新田:俺は芽郁ちゃんかな!

永野:ええーっ?!

山﨑:(笑)。コトナもアーシャもタイプは違うのですが、どちらも等身大で魅力的なんですよね。でも、僕はアーシャの、お姫様なのだけど自由な世界に憧れているというキャラクターの描写が好きなのでアーシャです。

新田:僕は、ハルと一緒でコトナの明るい所が好きです。

▲新田真剣佑さん演じるハル。

――平和に割れましたね(笑)。永野さんはユウとハルならどちらがより好きですか?

永野:2人とも素敵なのですが、個人的にはユウですね。内側はすごくアツい人なのに、普段はそれを出さずに、いざという時に出す所が本当の男らしさだと思うので。

――そんな中、皆さんと演じているキャラクターと似ている部分はありますか?

山﨑:まずは、今髪型が似ているんですけど(笑)。内に秘めているタイプではあると思います。ユウの様に人間らしくアツい想いはいつも持っていたいと思います。

新田:僕は……、どこが似ていると思う?

永野:ストイックな所が似ているよね。

山﨑:あと、運動神経も抜群!

▲永野芽郁さん演じるコトナ。

永野:私はアーシャの方が似ていると思います。アーシャはお姫様で、私はお芝居のお仕事をさせていただいていますが、求められている自分を見せなきゃと考えている所があって。求められている自分と、いつもの自分の両方を持っている部分は似ているのかなと思います。コトナはいい子ですけど、女性目線から見ると、彼氏とその親友と3人で行動するのってどうなの?って思っちゃいます(笑)。恋人のハルと2人で過ごして、ユウとハルも2人で過ごしてってすればもっと人間関係が上手くいく気がするんですけど……。

新田:そんな事いったらこの物語の世界観が崩れちゃう!

永野:そうだよね(笑)、この3人の関係が大切です! 映画ではぜひ3人の活躍にご覧ください!

山﨑:素晴らしいまとめ! 皆さんもどうぞよろしくお願いします(笑)。

――今日は楽しいお話をありがとうございました!

撮影:周二郎

『ニノ国』大ヒット上映中!
http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/

(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

※山崎賢人さんの崎は(立つ崎)が正式表記です。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき