ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『大竹伸朗 ビル景 1978-2019』展、水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催。約500点を一挙紹介


『放棄地帯』2019年 ©Shinro Ohtake,Courtesy of Take Ninagawa,Tokyo,Photo by Kei Okano

『大竹伸朗 ビル景 1978-2019』が、水戸芸術館現代美術ギャラリーにて開催中。会期は、10月6日まで。

1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど幅広いジャンルに影響を与えてきた大竹伸朗。

関東では2006年に東京都現代美術館で開催された「全景 1955-2006」以来、13 年振りとなる美術館での個展。本展では、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が「ビル景」という絵画シリーズを描き続けていることに注目した展覧会となる。

「ビル景」とは、現在の風景をそのまま描いたものではなく、大竹の中に記憶された、香港、ロンドン、東京といった様々な都市の、湿度や熱、騒音、匂い。それらがランダムにミックスされ、「ビル」という形を伴って描き出される仮想の風景のこと。会場では、大竹が1978年から現在まで40余年にわたって制作を続ける「ビル景」シリーズ800点以上の作品より500 点余りを一堂に展示。大竹デザイン「ビル景」展ロゴや描き下ろしドローイング、フォトコラージュをプリントした特製 Tシャツや、亜鉛凸版による本展ポスターのスペシャルエディションも制作。本年4月に刊行された画集『大竹伸朗 ビル景 1978-2019』(HeHe 刊)とあわせて販売する。

デジタル技術全盛の現代において、一人のアーティストが数十年にわたり、自らの手で絵を描き、作り続けることの意味とは何か。本展を通じて感じたい。


『Bldg.』1984年 ©Shinro Ohtake,Courtesy of Take Ninagawa,Tokyo,Photo by Kei Okano


『Tokyo V』1984年 ©Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa,Tokyo,Photo by Kei Okano

展覧会名:大竹伸朗 ビル景 1978-2019
会期:2019年7月13日(土)~10月6日(日)
開館時間:9:30~18:00(入場は 17:30 まで)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
休館日:月曜日
※ただし9月16日、9月23日(月・祝/振)は開館、9月17日、9月24日(火)は休館
入場料:一般 900円、前売・団体(20 名以上)700円
高校生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※学生証、年齢のわかる身分証明書が必要です
※一年間有効フリーパス→「年間パス」2,000 円       
学生とシニアための特別割引デー「First Friday」→ 学生証をお持ちの方と65歳~69歳の方は、毎月第一金曜日(9月6日、10月4日)100 円

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき