ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

山岳遭難の捜索ヘリサービス「ココヘリ」が、Bluetooth発信機「LIFE BEACON」を開発!

登山を楽しむ人にとって一番避けたいのは遭難だ。万が一遭難事故が起こった時、遭難者の運命を左右する捜索時間を短縮できれば、生存率は格段に上がる。

ココヘリを展開するAUTHENTIC JAPAN株式会社は、これまでの捜索の知識と経験を活かした電波技術を応用し、Bluetooth発信機「LIFE BEACON(ライフビーコン)」をリリースした。

「LIFE BEACON」とは

「LIFE」は「生活」「生命」という2つの意味を込めて付けられ、「BEACON」は「位置を知らせる伝達方法」という言葉だ。日常生活において、また生命の危機に際して、様々な「探す」をサポートする。

LIFE BEACONは特殊設計の専用スマートフォンアプリと通信して使用する。わずか8gの小さな発信機の電波飛距離は世界最高峰の最大200m。バッテリーは充電式で、フル充電なら6ヶ月持続可能。防水性もあり、30分程度水深1mの環境に沈んでも浸水しないという「IPX7」相当と認定されている。

ココヘリについて

既存サービスであるココヘリは、山岳遭難を対象にした会員制の捜索ヘリサービスだ。会員証が発信機の役割を果たし、万が一の時には上空から会員の場所を特定し、迅速かつ正確な位置情報を救助組織へ伝える。捜索時間を短縮し、生存率の向上や失踪者数の軽減に大きく貢献している。

民間の航空会社と提携し、全国の主要な山域ほとんどをカバーし、全国33都道県の警察や防災ヘリ、ハイパーレスキューなどに導入されている。一部山岳施設ではココヘリを義務化するなど、登山業界で新たな常識として定着しつつある。

PR TIMES

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき