ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

パナソニックのフロアランプ「HomeHawk Floor」は気づかれずに留守宅をモニターできる

セキュリティカメラをリビングルームなどに置いている人は少なくないだろう。見るからにいかにもというカメラは、外部からの侵入者に対して犯罪抑制効果が期待できる。

しかし、中には気づかれずに留守宅をモニターしたいという人もいるだろう。そうした需要にぴったりなのが、米国パナソニックがこのほど発表した「HomeHawk Floor」だ。

・レンズ画角140度

HomeHawk Floorはベース部分から長いポールが伸び、一番上にくるライト部分は天井に向かってラッパ状になっている。オンにすると優しい光を放つ、どう見ても普通のランプだ。

しかし実はライト近くにカメラを搭載していて、1080p フルHDで撮影できる。レンズは画角140度とワイドアングルで、片隅に置くと部屋の広い範囲をカバーできる。

・相互ビデオ通話も

カメラにはモーションセンサーが内蔵され、不審な動きを感知すると自動で撮影が始まり、マイクロSDカードに保存する。また、マイクとスピーカーも搭載している。

このランプはホームWi-Fiに接続させることができ、ユーザーは専用のアプリから各種設定をしたり、カメラがとらえた映像を音付きで確認したりできる。

セキュリティカメラとして侵入者をとらえる以外にも、カメラやマイク、スピーカーを備えていることから、家にいる家族とビデオ通話するのにも使える。

このランプは3種あり、フロアに置くタイプ2種が249.95ドル(約2万6000円)と279.95ドル(約3万円)、棚置きタイプが129.95ドル(約1万4000円)となっている。

Panasonic

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき