1000万ドルの夜景とともに楽しむ六甲山の“光のアート”

access_time create folder生活・趣味


1000万色以上の色彩表現ができるLED照明を使って、展望台全体を覆うフレームを限りなく自然光に近い光で内側から照らす光の演出「六甲山光のアートLightscape in Rokko」。照明デザイナー・伏見雅之氏によるもので、“枕草子”をテーマに、日本人が昔から親しんできた四季折々の情景を季節ごとに春・夏・秋・冬の4パターンで表現している。

そんな光のアートの秋バージョンとして、9月1日(日)~11月30日(土)の期間、『六甲山光のアート「Lightscape in Rokko 秋バージョン~秋は夕暮れ~」』を六甲ガーデンテラスにて開催!

秋バージョンでは、夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、鳥が寝床に帰ろうと数羽飛び急ぐさま、隊列を組んで飛ぶ雁などの姿を表現。約7分間の美しい光の演出を楽しむことができる。

入場料は大人(中学生以上)300円、子ども(4歳~小学生)200円。


なお、9月13日(金)より始まる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」出展作品として、「見晴らしの塔」と近隣のカフェ「グラニットカフェ」も伏見雅之氏の演出によってライティング。こちらも合わせてチェックしてみて。

1000万ドルの夜景とともに、繰り広げられる光のアートを体験してみてはいかが?

■「六甲ガーデンテラス」
住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

access_time create folder生活・趣味

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧