ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ありがとう」 サインボードで感謝を伝えるドライバーが話題

最近、日本ではあおり運転のニュースが良く取り上げられていますが、海の向こうアメリカでは、意外な形でサインボードを使いこなすドライバーがちょっとした話題です。


https://twitter.com/allisonklemes/status/1158830391727235072
8月6日にTwitterに投稿された、こちらの動画。ロサンゼルスの渋滞中の道路で撮影されたものです。動画を撮影した投稿主の前を走行中の車が、どうやら左車線に入りたいようです。すると突然、運転席側から「入れてもらえますか?(Please let me in)」と書かれたサインボードが。道を譲ってあげると、今度はサインボードをひっくり返し、「ありがとう(Thanks)」というメッセージが現れました。投稿主と同乗者は二人揃って大笑い。

ニューヨークやロサンゼルスなどの都市部では、道路が渋滞していると、ドライバー同士が大声やハンドサインで罵りあったり、けたたましいクラクションが鳴り響いたりするものです。そうしたことに慣れている他のドライバー達からは、「サンキューの一言で。世界はこうも良くなるんだね」、「ニュージャージーでも試してみたいけど、冷たい土地だから無視されそう」、「これはいいアイデアだ。真似させてもらうよ」といった声がありました。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/allisonklemes/status/1158830391727235072

(執筆者: 6PAC)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき