ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

大注目のYouTubeアニメ「テイコウペンギン」の運営会社・株式会社Plottが5,000万円の資金調達を実施

今やYouTubeといって知らない人はほとんどいない。世界中で1日に再生される動画は数十億回、時間にして十億時間以上視聴されている。

株式会社PlottはYouTubeのアニメチャンネル「テイコウペンギン」を運営しており、半年間でチャンネル登録者数31万人を突破した人気チャンネルを創り出した。Plottはこの度、さらなる展開を視野に、累計5,000万円の資金調達を実施するという。

今後の展開

2019年8月1日付で、社名を株式会社ファボから株式会社Plottに変更し、YouTubeアニメ「テイコウペンギン」の制作・運営元だと公表。その上で、gumi ventures 3号投資事業有限責任組合、ブレイクポイント株式会社、Tokyo XR Startups株式会社に新株を引き受けてもらい、資金調達を実施した。

今回の資金調達で、YouTubeアニメ事業とYouTube漫画事業からグッズ販売などのIP展開を目指す。また、YouTube上での複数チャンネルを展開するにあたり、人材獲得と新コンテンツの制作に投資していく。

株式会社Plottとは

新しい事業を展開し、時代に名を残す会社となるための決意として社名を変更。新社名「Plott」は、小説などを書く前に作るプロットに由来する。表記はプログラミングで使用する加算記号「++」と、「Plot」をかけ合わせたもの。「コンテンツを作り続けたい」「ずっと成長していきたい」という想いが込められている。また、作り出すコンテンツは常に発展途上にあると考え、構想段階を思わせる手描き風のロゴを採用した。

「自らのオモシロイを最大化して時代に名を残すコンテンツを創造する」という理念の元、クリエイターがワクワクドキドキしながら常に挑戦を続ける会社だ。

YouTubeアニメ「テイコウペンギン」は、ブラック企業で働くペンギン・パンダとその上司が繰り広げるコメディアニメである。月間再生回数2,000万回を突破し、今後はグッズ化・書籍化など積極的に展開していく模様。

・チャンネルURL
https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw

制作者と版権保持者がバラバラなアニメ業界では、アニメがヒットしても制作側の利益が少ないのが現状。Plottの代表は、良いものを長く作り続けるために、制作からIP展開まで全て自社で担うと決めた。また、人材を募るにあたり「同じ方向でワクワク出来る人は、一緒に永遠の文化祭前夜をやりましょう!」と呼びかけている。

スマートフォンの普及により、誰でも気軽に手のひらで動画をみられる時代に、YouTube上で多くの面白く、ワクワクするようなコンテンツが生まれることを期待している。

PR TIMES

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき