現代自動車がソーラーパネルを搭載した新型「ソナタ・ハイブリッド(Sonata Hybrid)」を発表 韓国ではすでに発売中

access_time create folder生活・趣味

8月2日、韓国の現代自動車(ヒュンダイ)は、ソーラーパネル搭載の新型「ソナタ・ハイブリッド(Sonata Hybrid)」を発表しました。

「ソナタ・ハイブリッド」は、ルーフ部分にソーラーパネルを搭載した“ソーラールーフ充電システム”を採用したことで、燃費向上とCO2排出量削減を実現しています。ソーラーパネルでの充電は運転中でも可能。1日で、バッテリーの30~60%を充電できるそうです。1日に6時間太陽光にあて充電することで、年間で最大1300キロも走行距離が延ばせるとのこと。

今後数年間で、現代自動車は“ソーラールーフ充電システム”を他のモデルにも展開するとしています。

「ソナタ・ハイブリッド」は、すでに韓国では販売中で、近々北米でも発売が開始される予定です。ただし、ヨーロッパでは「ソナタ・ハイブリッド」の発売予定はないとのことです。

※画像とソース:
https://www.hyundai.news/eu/brand/hyundai-launches-first-car-with-solar-roof-charging-system/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧