ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

もしゾンビに襲われたらどう対処する? この時期に読みたい『ゾンビのトリセツ』

突然ですが、皆さんはゾンビに遭遇し襲われたらどう対処しますか?

ゾンビと言えばのろのろと追いかけてくるイメージ。ダッシュで逃げればなんとかなりそうですが……。実は最近のゾンビはとても進化していて、走ったり武器を使ったりとできることのバリエーションが増えているんです!

そんなゾンビに襲われたらどうしよう??
その答えを教えてくれるのが、8月8日に発売された『超進化版 ゾンビのトリセツ』です。

『超進化版 ゾンビのトリセツ』とは

ジョージ・A・ロメロ監督が撮った記念すべきゾンビ映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から50年。ゾンビは多種多様に進化を遂げてきました。本書は、初心者にも入りやすいゾンビ作品や流行作品の紹介、自分の知識を知るゾンビ検定などを多角的にまとめた、ゾンビを親しみやすくわかりやすく楽しめる本です。

『超進化版 ゾンビのトリセツ』から、ゾンビに襲われた際のサバイバル術を解説しましょう。

ゾンビに遭遇したらやるべきこと

・周囲に警戒を怠らず音を立てずに行動
ゾンビは物音に敏感なので、音を立てないよう注意。くしゃみなどうっかりミスも許されない。

・抱きつかれない、噛まれないことを意識する
噛まれるとほぼ確実にゾンビ化してしまうので、まずは逃げることが最優先。難しい場合は音がでるものを遠くに投げてゾンビの注意をそらすなどしよう。

・戦う時は全力で頭をつぶす
逃げる、誘導するのどちらもできないのなら戦うしかない。人の形をしているので躊躇いもあるだろうが、恐れと情けを捨てて全力で頭を狙おう。
この時使うのに適しているのは「リーチ」と「ほどほどの重さ」があるものだ。『超進化版 ゾンビのトリセツ』では、扱いやすい身近な武器も解説している。

この他、ゾンビと戦うのに適した服装、籠城するのに適した建物など、「ゾンビサバイバル術」を徹底解説。映画やドラマなどを例に挙げてるので、初めて備える人(?)にも安心の解説書です。

いつゾンビパニックが起こるかわかりません。
この『超進化版 ゾンビのトリセツ』を読んで備えてみてはいかがでしょうか?


『超進化版ゾンビのトリセツ』

(インプレス)

著者:リビングデッド調査班
定価:本体1,500円+税

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: インプレスPRスタッフ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき