ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

泳ぎのデータがリアルタイムに分かる! FORMの水泳ゴーグルはディスプレイ搭載

真剣に水泳をする人なら、タイムやストローク数などを気にかけているだろう。最近はスマートウォッチなどでそうしたデータが収集できるようになっている。

しかしさらにその先をいく水泳ゴーグルがFORMから発売された。スイマーが泳ぎながらデータをリアルタイムに把握できるというものだ。

・ジャイロ内蔵

FORMの外観は通常のゴーグルとさほど変わらず、アイカップの大きさも同じくらいだ。ただ、右側のテンプル部分に少し出っ張りがある。これが“スマート”の秘密で、ジャイロスコープやバッテリーなどを内蔵している。

また、ゴーグルのレンズ部分がシースルーのディスプレイとなっていて、ここに各種情報を映し出す仕組み。これにより、スイマーは泳ぎ終わった後にスマートウォッチやスマホでデータをチェックしなくても、泳ぎながら「今の状態」を把握できる。

・アプリで分析も

このスマートゴーグルで収集できるデータは、スプリットタイムやストロークレート(回数)、ペース、距離、燃焼カロリーなど。今の自分のペースがどれくらいなのか、あるいは一定のスピードを維持できているかなどを泳ぎながら確認できる。

操作は横についているボタンで行う。ボタンは2つあり、1つがオンオフ用のスイッチ、そしてもう1つのボタンで表示モードを変更できる。

もちろん、データはBluetoothで接続するスマホなどのアプリに送信され、スイマーやコーチはそうしたデータをさらに分析したり、過去のものと比較したりすることができる。

このスマートゴーグルはUSBケーブルでつないで充電でき、フル充電で16時間使用できるとのこと。価格は199ドル(約2万1000円)とお高めだが、パフォーマンス向上を目指している人は活用しない手はなさそうだ。

FORM

(文・Mizoguchi)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき