ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

大河ドラマ『いだてん』阿部サダヲ演じる田畑政治に学ぶ、職場で自分の主張を通す交渉術とは?

大河ドラマ『いだてん』阿部サダヲ演じる田畑政治に学ぶ、職場で自分の主張を通す交渉術とは?

NHKの大河ドラマ『いだてん』2部の主人公・田畑政治は、1964年の東京オリンピックを招致した人物。田畑はコミュニケーションの力で自分の主張を的確に伝え、膠着(こうちゃく)した組織や上司、大物を動かしながら時代を変えていきます。

若手ビジネスパーソンの中には組織のしがらみに悩んだり、やりたいことがあってもうまく通せないという人も多いはず。田畑がドラマ内で見せたプレゼンテーション場面から、仕事の現場で自分の主張を通す有効なコミュニケーションとは何か、業務プロセス&オフィスコミュニケーション改善士の沢渡あまねさんに解説・アドバイスしていただきました。

いだてん田畑

あまねキャリア工房代表 沢渡 あまねさん

業務プロセス&オフィスコミュニケーション改善士。人事経験ゼロの働き方改革パートナー。日産自動車、NTTデータなどで、広報・情報システム部門・ITサービスマネージャーを経験。現在は全国の企業や自治体で働き方改革、社内コミュニケーション活性、組織活性の支援・講演・執筆・メディア出演を行う。趣味はダムめぐり。著書『職場の問題地図』『マネージャーの問題地図』『業務デザインの発想法』『ドラクエに学ぶ チームマネジメント』『運用☆ちゃんと学ぶ システム運用の基本』ほか多数。2019年7月6日に『仕事ごっこ~その“あたりまえ”、いまどき必要ですか?』(技術評論社)を上梓。

【1】やりたい仕事に対する熱量を伝えて実現するためには何が必要?

朝日新聞の入社試験を受けた田畑政治(阿部サダヲ)は、水泳競技の現状や、魅力についてとうとうと語り、「不合格」だったはずの入社試験で見事「合格」を勝ち取り、入社を決めてしまいます。それだけでなく、「入社しても水泳は続ける」という条件まで飲ませてしまいました。【25話より】

編集長「希望する部署は、運動部かね?」

田畑「政治部です。政治がやりたくて来ました」「水泳も続けますよ、日本を世界レベルにするまでは」

キーワードを繰り返し散りばめ、場にいない第三者にもメッセージを伝える

【ビジネス現場ではこう動く】【評価】★★★☆☆

田畑は、好きなものをしつこく伝えて軸をぶらさないところが素晴らしいですね。彼は一貫して水泳、プール、政治といったキーワードを盛り込み、ジェスチャーを交えながら自分がやりたいことを強烈に印象づけています。

この時、伝え方が曖昧だったり、自信がなさそうに発言したのでは、相手の印象に残りません。特にこのシチュエーションのような採用面接の場合、いかにその場にいる人に印象付けるかが重要です。

最後に社長が「台風のような男だったな」と、あきれたように呟きます。このひと言が何よりの証拠。軸をぶらさず、キーワードを繰り返し言うことで、相手の中の印象を強くすることができます。リアルなエビデンスが豊富だったことも、説得力を増す一因でした。具体的にどの選手が水泳に強いかをタイムなど数字で示し、実家が裕福であることを主張する時には絵を用いて説明したことで説得力が増しました。

転職の面接では、その場に決裁者がいないことが多いもの。面接したのは課長でも、決裁者は本部長ということはよくあります。その時、課長が「水泳好きなのに、政治をやりたいってしつこく言ってる変な男がいるんですよ」と伝えたくなるくらい印象が付けられれば、この一行は自分自身をアピールする強いキャッチコピーとなります。また、その場にいない第三者や決裁者にも強烈にメッセージングすることができます。場合によっては、数年経ってからやりたい仕事が実現することだってあるのです。

ただ、田畑のように極端にやってしまうと、中には引いてしまう人もいるので★3つとしました。

【2】組織の古い体質やしがらみを解き放ち、自分がやりたいことを通すには?

田畑政治は水泳競技のオリンピック参加人数を増やすため、これまでの大日本体育協会のやり方を批判。名誉会長の嘉納治五郎(役所広司)の引責辞任を求めます。また、大日本体育協会から脱退して好きなようにやると宣言し、代わりに援助もいらないと言い切ります。

田畑「嘉納治五郎会長の引責辞任を求める!」

「やい、じじい!嘉納治五郎に伝えろ!水泳は体協から独立する!援助も受けん代わりに、指図も受けんとな!」

力はなくても、相手に興味を持たせ、「愛嬌力」で助けてもらおう

【ビジネス現場ではこう動く】【評価】★★★★☆

この時点で田畑は「思いはあるけれど、権力や実力はない」人です。ここでポイントは2つあります。1つ目は、嘉納治五郎に「彼は何者かね」と興味を持たせていること。そして2つ目は「可愛げがあり、抜けている部分を見せる愛嬌がある」ことです。

企業のビジネス現場でも、もっとチャレンジしたい、もっと仕事のやり方を変えたいけれど、上に聞いてもらえないという話をよく聞きます。若手、中堅メンバーから共通して聞く悩みごとの一つです。

田畑の行動で注目したいなのは嘉納治五郎に「彼は何者だね」と印象付けていること。嘉納治五郎は、田畑の強烈な叫びを聞いて、「大日本体育協会のやり方を批判してはいるが、水泳を自由にしたいという強い思いはあるのだな」と、理解したわけです。強烈なプレゼンによって立場の違う人の興味・関心を引いたことは非常にすばらしい部分だと思います。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき