ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

地元大学生イチオシ!函館&札幌の定番観光地を1日乗車券で巡る

地元大学生イチオシ!函館&札幌の定番観光地を1日乗車券で巡る

こんにちは! 函館学生フリーペーパー「SPOT」編集部、北海道教育大学函館校4年 千田陽菜です。函館市在住の大学生で、同世代に向けたフリーペーパーを制作しています。

今回は、私たちの大好きな街・函館と憧れの大都会・札幌を、1日乗車券を使って巡ります。グルメや観光を2泊3日にギュギュッと詰め込んでご紹介します!

函館駅

ぼくらの街、函館をご案内〜!

東京駅から新函館北斗駅まで東北・北海道新幹線で約4時間、そこからはこだてライナーで15分、函館駅着です。

まずは今回の旅のお供、「市電1日乗車券」を市電車内で購入して、末広町に向かいます。函館市電に1日3回以上乗る場合はこちらを購入した方がお得!
市電1日乗車券

市電1日乗車券は、車内や観光案内所、ホテルのフロントなどで購入可能

電停「末広町」

函館の歴史感じる旧金森洋物店

函館駅前電停から函館市電で約8分、末広町電停に着くと吹き抜ける海風が! 突如現れる港町函館感! 船の汽笛やカモメの鳴き声が響き渡り、五感で函館の初夏を堪能。街を歩くだけでも函館は充分楽しいんです!

 まずは、末広町電停から徒歩約8分のところにある「金森赤レンガ倉庫」。明治時代に倉庫として使われていた建物をレストランや ショップとしてそのまま利用している施設です。
金森倉庫

末広町にある観光スポット金森赤レンガ倉庫

さらに、金森赤レンガ倉庫から約6分ほど歩けば、「八幡坂」から函館屈指の絶景を見ることができます。
八幡坂

函館といえば八幡坂! 最高のロケーションです

そんな見どころがたくさんの末広町電停から徒歩1分。「旧金森洋物店(市立函館博物館郷土資料館)」へ。こちらの建物は明治13年、外国の小間物や雑貨を販売するお店として開店。港町函館は西欧文化が広く受け入れられ、ハイカラな商品に市民は胸を躍らせたそうです。

明治から昭和にかけて、函館は何度も大火事に襲われました。当時の建物はほとんど焼け落ちましたが、金森洋物店は奇跡的に残っています。それもそのはず。これまでの大火で、手がけていたお店を焼失した渡邊熊四郎さんが、金森洋物店を簡単には燃えない造りにしたから。耐火性の強いレンガと漆喰を使用し、細かいところも大火事に備え設計。そのおかげで、北海道指定有形文化財に指定され、今も函館市の歴史を伝える貴重な建物として残っているのです。
旧金森洋物店

1 2 3 4 5 6次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき