ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

テレビ東京系列『最恐映像ノンストップ7』7/24放送 “必ず霊が写る”というトンネルで心霊写真撮影に挑む[ホラー通信]

テレビ東京系列『最恐映像ノンストップ7』7/24放送

テレビ東京系列の人気シリーズ第7弾『最恐映像ノンストップ7』が7/24に放送決定。

『最恐映像ノンストップ』は、一台のバスに乗り込んだ芸能人たちが、たたみかけるように流される恐怖映像や、体験者自らが語る恐怖の物語に震えながら、実在する恐怖スポットを巡っていくという番組。

今回放送の第7弾では、番組史上もっとも恐ろしい“呪いの品”が登場。「供養してほしい」と送られてきたお寺の住職が、「テレビに映してよい物なのか……」と危ぶむそれは、“人のとある部分”で作られているのだとか……。そのほか、幽霊の目撃談が相次ぐ病院の看護師長が語る戦慄体験や、再生するたびに内容が変わる呪いのテープなど、恐ろしいエピソードが次々登場。

また、一行を乗せたバスは“必ず霊が撮れる”と言われる曰く付きのトンネルへ。そこで撮影した写真には、恐ろしいものが写ってしまったようで……。石井プロデューサーによるコメントをどうぞ。

<プロデューサー・石井成臣のコメント>
回を重ね夏の風物詩となっている「最恐映像ノンストップ」。今年も、大変恐ろしい映像や過去最恐とも言える呪物が集まりました。それらに触れた出演者やスタッフの中には高熱を発したり謎の発疹を起こす人も。また、霊が映り込むと言われるトンネルでは、どこから見ても霊にしか見えない写真が次々と撮影され、現場はパニックに! どうぞ、ご期待ください。

番組概要

番組名:『最恐映像ノンストップ7』
放送日時:2019年7月24日(水)夜6時55分~夜10時
放送局:テレビ東京系列(テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビ北海道・テレビせとうち・TVQ 九州放送)
出演者:中山秀征、西村知美、高田延彦、はいだしょうこ、藤田ニコル、斉藤慎二(ジャングルポケット)

テレビ東京系列『最恐映像ノンストップ7』7/24放送

記事中の画像やリンクがすべて表示されない方は『ホラー通信』掲載の元記事をご覧ください – https://horror2.jp/

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき