ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

アメリカで、ソフトウェアエンジニアの日本人がインパクトのある仕事をする方法(メソッド屋のブログ)

アメリカで、ソフトウェアエンジニアの日本人がインパクトのある仕事をする方法

今回は牛尾 剛さんのブログ『メソッド屋のブログ』からご寄稿いただきました。

アメリカで、ソフトウェアエンジニアの日本人がインパクトのある仕事をする方法(メソッド屋のブログ)

アメリカに移住してもうすぐ4ヶ月ぐらいになるけど、こちらに来てから面白いほど成果が出ていない。

アメリカ

最初の2ヵ月ぐらいはなんやかんやで仕事にならんやろうなと思っていたから、気にもしなかったが、そろそろ4ヵ月なので、流石に焦りを感じて来た。何一つ仕事が完了しない。日本で仕事をしていた時はこんなことは発生しなかった。こっちの方が一緒に働いている人が同じタイムゾーンだし、近いし、やりやすいはずなのに何故だろう?焦っていても何も改善しないので、直接仕事をしているクリスと、日本人エンジニアの先輩の河野さんに話を聞いてみた。自分の会社限定かもしれないけど、学んだことの記録と、もしかすると誰かの役にたつかもしれないから書いておこうと思う。

仕事が完了しない焦り

何だろう、この仕事の完了しないっぷりは。いくつか、終えたらインパクトがある仕事があるのだが、これがまた完了しない。一緒に働いているエンジニアの人はみんな超絶忙しい感じで、声をかけるのも気を使う感じ。だから、何かのブロッカーの質問があったとしたら、彼らにメールなり、メッセなり、PRのコメント欄に書いたりするのだけれど、全く反応がなかったりすることもしょっちゅうある。自分のPRのコードがイマイチだからダメなんだろうか?それとも単に忙しすぎてみる暇がない?そもそも反応がないのだからどうしようもない。

仕事

でも、その質問がクリアされないと前に進まないしどうしたらいいんだろう?いろんなことがそんな感じで止まってしまう。勝手に先に進める?しかし、大きな手戻りが発生する可能性が高い。しかも、日本と違って、仕事は勝手に降ってこない。自分でゲットするもののようだ。誰かがインストラクションしてくれたりするわけでもない。そんなものと思ってやってたけど、ここまで成果がでないと焦って来た。

インパクトが停滞する

そんな折、私が2ヵ月ぐらい使って分析して、インプリした大きめの機能追加があって、それがマージされると結構なインパクトだし、貢献と思うのだけど、それはまだだ。というか、レビューもしてもらっていない。アポとってデモした時は、結構好評だったように感じて、次はPRレビューすると言ってたのに、しばらくしてもするそぶりがないので、何度かメールを送ったり、PRにメンションしたりするけど、反応がない。どうしたらいいんだろう。しかも別のドキュメント系の仕事も、あるアーキテクチャのディスカッションのポイントが合意できないと、書いても意味ないので、自分には時間があるのに前に進めない。先ほどのPRも何か一つでも反応があり、不満な点があれば速攻で対応する準備があるのに無反応だから何もしようもない。どうしたらええのよ。こんなの日本ではありえない状態やわ。しかし、これ以上プッシュしたら流石にうざいだろう。もうどうしたらいいのかわからない。

停滞

とあるイケてるエンジニアのスムーズな仕事ぶり

そんな折、私よりよっぽど後にムッチャ難しい機能に着手しためっちゃイケてるエンジニアがいた。彼は、私たちの前で、初めて1週間ぐらいでさっと最初のデモを作り、毎週、更新しては、みんなに見せて来た。正直めっちゃカッコいい機能。次のリリースの目玉のような機能だ。そして、1ヵ月ちょっとぐらいで、着想からからのでっかいPRはマージされた。もの凄くスムーズだった。彼が超優秀というのもあるし、この機能だったらみんな夢中で、優先順位上がっているというのもあるけど、たった一人でめっちゃスムーズにインパクトを出した。なんて優秀な人なんやろ。

イケてるエンジニア

クリスにフィードバックを聞いてみる

多分自分の仕事の仕方に問題があると思ったので、仕事をしている相手のクリスに話を聞いてみることにした。自分の仕事の仕方に問題があるからフィードバックをくれないかと言って時間をもらった。意外なことに、私の仕事の仕方には問題がないというので、私は、反応がなくて困ってて、たとえ今無理でも、何時頃に時間取れるとかそんなことだけでもわかったらええのに、それすら難しい、これ以上ピングしたら日本人的には、失礼だと思ってしまうという話もした。すると彼は、それは多分みんな忙しくて、単に時間がなくて後回しになって忘れているだけやと言ってくれた。彼のアドバイスでは、メールでダメなら、メッセでピング、それでダメならこちらから会議を設定、それでダメなら直接乗り込んで、話をすると。なんやそれ、大阪のおばちゃんのような厚かましさやんけ、、、でもそれでええらしい。ただし、相手に尊敬を持って。そんなもんらしい。日本ではあんまし相手がたまにメール見落としてるとかあるけど、もう一回ピングしたら無視されるとかは普通無いからそれは凄い違いだ。クリスは、自分が相手であってもそうしてくれたら良いよって言ってくれた。

クリス
1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき