ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ジェロニモかよ! マライア・キャリーのボトルキャップチャレンジが超人的すぎて話題に

ブラックボルト(マーベル・コミックス)、ブラックキャナリー(DCコミックス)、ジェロニモ(キン肉マン)、ジャイアン(ドラえもん)など、国内外を問わずアニメやコミックで活躍する声系能力者は数知れず。

しかし、リアルにも存在しました。自らの声でとんでもない神業を成し遂げちゃう超人が……。

歌手マライア・キャリーが、SNSで流行中の“ボトルキャップチャレンジ”に挑戦。自身のTwitterとInstagramにその様子を投稿しています。

ボトルキャップチャレンジとは、ボトルのキャップを回し蹴りで回転させて開けるチャレンジのこと。これまでジェイソン・ステイサムやドニー・イェンといったアクションスターや、プロサッカー選手のズラタン・イブラヒモビッチらが挑戦し、日本からはケイン・コスギさんや武田梨奈さんなどのチャレンジが話題を呼んでいます。

この投稿をInstagramで見る

Challenge accepted! #bottlecapchallenge

Mariah Careyさん(@mariahcarey)がシェアした投稿 –

ご多分にもれず「その挑戦、受けて立つ!」と動画を投稿したマライア・キャリー。格闘技のような構えから片耳を指で塞ぐと、突如として「Haaaaa~~~!!!」と世界有数の超高音ボイスを披露。

すると瞬く間にビンボトルのキャップがシュルシュルと回転し、スポンッと飛んで行ったではありませんか! マジ!? そんなことって可能なの?

何らかの仕掛けやフェイクを指摘する声もあるようですが、マライアのハイトーンボイスの影響でビンボトルが振動しているようにも見えます。真偽はさておき、まずその発想がすごいわ!

※画像はTwitter(@MariahCarey)より引用。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき