ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『第87回アカデミー賞』候補作が発表 日本公開を控える注目映画5作品をまとめてチェックしよう!
  • いい映画にはおいしいごはんとうまい酒! 『キネマ旬報』最新号はジュワッとさんまが表紙
  • 映画『PK ピーケイ』ラージクマール・ヒラーニ監督インタビュー「次はドキュメンタリーでこのテーマを撮りたい」
  • アントニオ・バンデラスとアレック・ボールドウィン、伝記映画でランボルギーニ役とフェラーリ役として出演へ
  • ハリウッド実写版映画『攻殻機動隊』、米ディズニーから米パラマウント・ピクチャーズへ配給が移行
  • ロバート・ダウニー Jr.の人気の秘密? 『アイアンマン3』公開前に観たいグッとくる熱き男のバディ作品
  • 天才数学者vs世界最強の暗号 カンバーバッチ主演『イミテーション・ゲーム』で半世紀越しの秘密が明らかに
  • トム・ハンクスが「演じ甲斐のあるシーン」と語る『ハドソン川の奇跡』緊迫の本編映像公開
  • 第6回:エスコバル軍団、出動せよ。
  • ハズブロ・シネマティック・ユニバースがライターズ・ルームを結成
  • これを観ればもう一度恋が出来る?  シニア婚応援映画『トレヴィの泉で二度目の恋を』
  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』人気脚本家・古沢良太に聞く! 個性的なキャラクター達はどの様に生まれるの?
  • ブライアン・シンガー監督、『X-MEN』シリーズでのデッドプールの位置づけやマーベル・DCとの競争を語る
  • 二階堂ふみが“世界基準のアイドル”に! 映画『日々ロック』新ヴィジュアル解禁
  • 【独占】まるでユートピア!? ロシアSF大作『アトラクション 制圧』宇宙人ヘイコンの故郷CG映像が到着
  • 【独占記事】コリン・ファレル、ソフィア・コッポラ監督のリメイク映画『白い肌の異常な夜』に出演交渉中

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

呪いの人形、背後でニッコリ。 トラウマ必至のお留守番を描く『アナベル 死霊博物館』ポスタービジュアル解禁[ホラー通信]

『アナベル 死霊博物館』

強い呪いを持った人形“アナベル”を題材にした、『死霊館』スピンオフシリーズ最新作『アナベル 死霊博物館』が9/20より日本公開。強烈なポスタービジュアルが解禁となった。

超常現象研究家 ウォーレン夫妻が、アナベルを始めとする曰くつきの品々を封印している保管室。夫妻の留守中に娘ジュディの面倒を見るためにやってきた少女デニースが、興味本位でそこに足を踏み入れてしまったことから巻き起こる、悪夢の一夜が描かれる。

ポスタービジュアルでは、解き放たれたアナベルが寝ているジュディの背後に忍び寄り、なんとも邪悪な笑顔を浮かべている。そして、よく目を凝らすとアナベルだけではなくおびただしい数の怨霊が彼女に忍び寄っていることが分かる。この世でもっとも頼もしいパパとママは留守。さあ、どうする?

『アナベル 死霊博物館』はアメリカ本国で6月26日より公開され、5日間で約3120万ドル超の大ヒットスタートを切っている。各メディアの称賛コメントはこんな感じ。なかなか期待できそう?

・『アナベル 死霊博物館』は死霊館シリーズの中で、盛大なる勝利だ!―CINEMA BLEND

・『アナベル 死霊博物館』は今年一番怖い人形映画だ!―POPDUST.COM

・映画館でゆったりと座り、ポップコーンを必ず手にして、さぁ準備はいいか? 今年最も楽しいホラー映画のひとつがやってきた!―Dread Central

・ゲイリー・ドーベルマン監督は恐ろしいほど楽しい恐怖の打ち上げ花火を巧みに作り上げた!―Fresh Fiction

『アナベル 死霊博物館』
9月20日(金)全国ロードショー IMAX(R) ,4D

(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

記事中の画像やリンクがすべて表示されない方は『ホラー通信』掲載の元記事をご覧ください – https://horror2.jp/

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき