ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

わたしは心を嗅ぎ分ける 『ぼくのエリ』原作者の北欧ミステリー『ボーダー 二つの世界』日本版ビジュアル解禁[ホラー通信]

『ボーダー 二つの世界』日本版ビジュアル

『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者として知られ、“スウェーデンのスティーヴン・キング”と称されるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの原作を映画化した『ボーダー 二つの世界』が10/11公開。このたび本作の日本版ビジュアルが解禁、原作の邦訳版発売も決定した。

本作は、人間を嗅ぎ分ける特殊な能力を持つ女性・ティーナの物語。その容姿のために孤独と疎外を強いられている彼女が、税関職員として働くなかで奇妙な旅行者ヴォーレと出会う。しかし、彼にはティーナの出生にも関わる大きな秘密があった。各国の映画祭で「ショッキングすぎる」と話題となったシーンも、日本では修正一切無しのノーカット完全版、R18+での上映となる。

解禁となった日本版ビジュアルには、深い森の中で動物たちに囲まれ、制服姿で佇むティーナの姿が描かれた。ゆらめくように添えられた「わたしは心を嗅ぎ分ける」のコピーが興味をそそる。

本作の原作「Gräns」も収録されているヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの短篇集『ボーダー 二つの世界』が、9月下旬(予定)に早川書房より発売される。本作以外に、『ぼくのエリ 200歳の少女』『モールス』の続編にあたる注目作「Let the old dreams die」(邦訳タイトル「古い夢を死なせてあげて(仮)」)を含む全11篇が収録される予定となっている。

『ボーダー 二つの世界』
監督・脚本:アリ・アッバシ 原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『ぼくのエリ 200歳の少女』 

公式HP:border-movie.jp

(C)Meta_Spark&Kärnfilm_AB_2018

記事中の画像やリンクがすべて表示されない方は『ホラー通信』掲載の元記事をご覧ください – https://horror2.jp/

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき