映画ファンへの挑戦状 映画のタイトルを当てるのではなくセンスあるボケ希望

access_time create folderエンタメ

映画ファンによる映画ファンのための大喜利が、海外でちょっとした話題です。


https://twitter.com/tprstly/status/1143460255294205957
『エイリアン4』のシーンと一緒に投稿された、「映画のタイトルは? 不正解のみ受け付けます」というツイート。『エイリアン4』ではない映画のタイトルでボケなくてはなりません。



https://twitter.com/nachosarah/status/1143636925649051648

このお題に対して、『きみに読む物語』という回答はなかなか秀逸です。DVDのパッケージデザインがまさに『エイリアン4』のシーンとかぶります。その他にも『ボクの彼女は地球人』、『シェイプ・オブ・ウォーター』、『愛と追憶の日々』、『そんな彼なら捨てちゃえば?』といったウィットに富んだボケが見受けられました。


https://twitter.com/NathanBrimmer/status/1143211573089095680
次なるお題は『ロボコップ』です。これに対するボケは、軍服が『ロボコップ』と似ている『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『必殺マグナム』、『ポリスアカデミー4 市民パトロール』、『ローラーボール』といった感じです。

お題を出すほうもボケるほうも双方が楽しんでいるようです。中には以下のようなお題もあります。


https://twitter.com/DamianWassel/status/1143877509710172161
トランプ大統領がちょい役で出演した『ホーム・アローン2』。このお題では、トランプ大統領がネタにされています。生物災害という意味がある『バイオハザード』、ロシア疑惑を皮肉った『007 ロシアより愛をこめて』、『アメリカン・サイコ』、大統領の無知を皮肉った『クルーレス』、『今そこにある危機』、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』、『クライシス・オブ・アメリカ』、『ライアー ライアー』と言いたい放題。

映画ファンの盛り上がりはまだまだ続きそうです。

※画像:
https://twitter.com/tprstly/status/1143460255294205957
https://ulm-design.com/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%80%E7%89%A9%E8%AA%9E/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧