ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

主人公がアイスピックを片手に…… 村上龍原作のサイコスリラー『ピアッシング』ショッキングな冒頭映像解禁[ホラー通信]

『ピアッシング』メイン写真

心臓に悪い……

村上龍の同名小説を、米インディーズ界の新鋭ニコラス・ペッシェ監督が映画化した『ピアッシング』より、衝撃的な映像が解禁となりました。

本作は、殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女の出会いを描いたサイコスリラー。幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動を抑えるために、SM嬢の殺害を計画した主人公・リード。しかし、呼び出した女はいきなり自分自身を傷つけはじめる――。

このたび解禁となったのは、映画本編の冒頭映像です。

夜のビル群の一室。今にも泣き出しそうな赤ちゃんのふっくらとした頬に近付くのは……鋭利なアイスピック。それを手にしているのは、事もあろうに赤ちゃんの父親であるリードです。

苦悶の表情を浮かべながら、すんでのところで思いとどまったリード。夫が起きていることに気付いた妻が「寝ましょう」と声を掛けますが、「まだ仕事がある」と突っぱねるリードの手には、アイスピックが不気味にギラついているのでした――。

『ピアッシング』アイスピックを持つ主人公

「オープニングからラストまで緊迫感が持続する」という本作。映画本編の尺は81分とやや短めですが、なかなか心臓に悪い81分になっていそうです。観終えたあとはヘトヘトかもね。

『ピアッシング』
6月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー
配給: パルコ
http://piercing-movie.com/

(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき