ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

宇宙、トランプ、国際法(中編)(梟録)

宇宙、トランプ、国際法(中編)

今回は松田芳和さんのブログ『梟録』からご寄稿いただきました。

宇宙、トランプ、国際法(中編)(梟録)

(前編はこちら)
http://wanntuer54.hatenablog.com/entry/2019/02/11/161400

Ⅱ.SPD-3による対応方針

 トランプ政権は、このような問題状況に対応するため、SPD-3により、各関係省庁に対する指令や政策方針を明らかにした。

 まず第1に、STMシステムの転換である。SPD-3では、STMは宇宙環境における運用の安全性、安定性、持続可能性を向上させるために、活動における計画、調整、軌道上の同調(synchronization)を意味するものとしている。現在および将来のリスクに対処するためにSTMを改善し、国家安全保障上の配慮と商業宇宙産業の発展を促すように、国際的な安全基準の形成を促進するとしている。

 STM構築の重要な点は、SSAデータの相互運用性を向上させ、より大きなデータ共有を可能にすることであろう。SPD-3では、STMのための、米国主導の最低限の安全基準とベストプラクティスを開発するとしており、政府機関は、デブリの動きを米国企業に対してだけではなく他の国にも周知し、国際的な基準等を形成することに貢献すべきである、としている。

 その際、SSAデータの保管領域(データリポジトリ)を公開するシステムを確立するとしている。すべての国の宇宙活動の安全を保つためには、宇宙空間に存在する物体の正確かつタイムリーな追跡が不可欠だからである。ただし、このデータリポジトリは全面公開ではなく、データの所有者が存在したり、国家安全保障情報を含んでいたりすれば、公開しないとしている。

 第2に、低減措置に関する規制改革である。宇宙における現在および将来のオペレーティング環境を維持するために、21世紀にふさわしい新しい低減措置の規定が必要であるとしている。その際、低減措置に関する基準やガイドラインには、人工衛星の設計から使用終了までの宇宙活動の全過程に対する規定が含まれていなければならないとしている。自国の宇宙活動に関する国家の義務を定めた、宇宙条約第6条の「許可及び継続的監督」に従った措置になるようにしている。米国国内の法律や国際的な義務に沿って、定期的に規制基準を評価し、宇宙活動の許認可に関する適切な規制環境を維持すべきとしている。

 第3に、メガコンへの対応である。SPD-3では、衛星やコンステレーションの所有者は、衛星同士の接触を防ぐために軌道の利用方法を調整することや、計画されたマヌーバ及び衛星軌道位置データの共有に関する通知、米国の国家安全保障や外交政策上の利益あるいは国際義務に及ぼす影響等を考慮する必要があるとしている。

 また、グローバルな文脈におけるSTMのための戦略や軌道上の接触を防ぐための規定、衝突リスクを低減するための標準的な技術を開発すべきであるとしている。コンステレーションにおける衛星群をライセンス化し、世界的に共通化するグローバルなベストプラクティスの開発戦略に取り組むとしている。このような方針は、メガコンに対する特別な規制を定めることを念頭に置いているようである。

 第4に、STMやデブリ低減措置に関する国際標準の形成である。前述した問題を確実に解決するためには、米国だけでなく、他の宇宙活動国もすべての国の共通の利益のために、宇宙活動に関するベストプラクティスを採用することが不可欠となる。SPD-3では、米国はその国際的な協議のために、国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)やその他さまざまな国際機関を活用するとしており、国際協調の立場を表明している。国際社会に対して米国が原則を示し、他国がこれを認めるように促していこうとしている。

 デブリ低減の観点からは、まずは米国の国内において、デブリの現在の状況をより詳しく把握できるようになるSSAの向上とSTMの構築を図ること、デブリ低減措置に関する規制を改革することが重要となる。それを踏まえて、これらの国際標準の形成のためには、どのような課題があるのかといったことも重要となる。

これ以降では、以上のような問題とSPD-3による対応の方針について、現段階で論じられていることを踏まえながら、より詳細な検討を加える。

Ⅲ.STMシステムの構築

(1)国防総省による通告システムの限界

 現在、米国の空軍宇宙軍団(Air Force Space Command)が、米国戦略軍(United States Strategic Command)の指揮下にあり、宇宙物体に脅威を与えるようなデブリを追跡している。SSAカタログは、国防総省の宇宙監視ネットワーク(SSN)のデータに基づいて、空軍宇宙軍団(Air Force Space Command)の「第18宇宙管制通信隊」(18th Space Control Squadron)によって維持されている。

 2010年、米国空軍は、SBSS Block 10衛星の追跡機能を追加した。2014年および2017年8月には、静止軌道上の状況認識プログラムの一部として、軌道上の物体を監視するために4つの衛星を打ち上げた*5。2009年の米露の人工衛星衝突後、政策を変更し、米国空軍はそれ以来、世界中のすべての衛星通信事業者に接近情報を通告し*6 、毎日数百の衝突の可能性を通告している。

*5:Space-Based Space Surveillance (SBSS) Block 10,
http://www.dote.osd.mil/pub/reports/FY2011/pdf/af/2011sbss.pdf
Geosynchronous Space Situational Awareness Program, Official United States Air Force Website
http://www.afspc.af.mil/About-Us/Fact-Sheets/Article/730802/geosynchronous-space-situational-awareness-program-gssap/

*6:Commerce Department’s space mission: tracking junk in low-Earth orbit, Washington Examiner(5 1 2018),
https://www.washingtonexaminer.com/policy/technology/commerce-departments-space-mission-tracking-junk-in-low-earth-orbit

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき