ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

Netflixで『新世紀エヴァンゲリオン』の配信スタート カヲルとシンジの会話の英訳が議論に

6月21日から、『Netflix』が世界190か国における『新世紀エヴァンゲリオン』の配信を開始しました。配信開始直後から、カヲルとシンジの会話の英訳が「ちがーう!」と議論になっています。


https://twitter.com/jimmygnome9/status/1142051363024715776
「悪いけど、これはダメだ。(右が、Netflix版エヴァ)」というツイートが指摘しているように、カヲルがシンジに向かって「I love you」と言うくだりが、Netflix版では「I like you」になっています。カヲル=ゲイキャラという前提のファンからすれば、カヲルのシンジへの思いが「I love you」ではなく、「I like you」だと、前提が否定されたことになりますね。


https://twitter.com/Lunar_Opals/status/1142148403368886272
「エヴァをNetflixで見ちゃダメだ。シンジとカヲルの感情を抹殺するような決断を下したNetflixを支持しちゃダメだ」と怒りをストレートにつぶやく人もいます。


https://twitter.com/snake_sunflower/status/1142102579226259456
「Netflixはカヲルの“I love you”というセリフを変更して、カヲルとシンジをストレート(異性愛者のこと)にしちゃった。2019年のプライド月間に」と批判する人もいます。

他にも『Netflix』に向け、「Netflixってホモフォビア(同性愛者に対して否定的な立場の人)だったの」、「弱虫かよ」、「検閲はダメだよ」、「カヲルとシンジをいとこの関係にするなよ」といった批判の声が上っています。

曖昧さが特徴の日本語と、ストレートでダイレクトな物言いが特徴の英語の間の翻訳は色々と難しいことがあるものですが、それ以上にコアなファンの承認を得るほうが難しいようです。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/shokikita/status/1142063513885708288

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき