パンオタクが注目する群馬。朝食のパンブッフェに驚愕!

access_time create folder生活・趣味
パンオタクが注目する群馬。朝食のパンブッフェに驚愕!

私、池田浩明は全国のパンを食べまくっているパンオタクだが、注目スポットは北関東である。

以前は、おいしいパン屋は都心に集まっていたが、いまは、自然がたっぷりあり、おいしい素材も手に入る地方で、のびのびやる若手が増えている。

なかでも、群馬は小麦生産量第4位の麦どころ。ということで、JR上野駅から上越新幹線に乗って群馬パン食べまくりの旅に出る。

上野駅

群馬パン食べまくり旅に出発!

パンダ食パン

上野といえばパンダ、食パンもパンダ

群馬まで行ってからパンを食べまくる予定だったが、我慢できずにアトレ上野のアンデルセンで「パンダ食パン」を買ってしまうパンオタクの性(さが)。

上野駅から上越新幹線に乗って44分、JR高崎駅へ。そこからJR上越線に乗って3分でJR高崎問屋町駅に到着。

高崎問屋町駅

プレハブ小屋の名店「Comme’N‬」

高崎問屋町駅からタクシーで10分。いま話題の店、Comme’N‬(コム・ン)へ。

なにが話題かって? 2018年に行なわれたパンの世界大会「モンディアル・デュ・パン」代表選考会でオーナーの大澤秀一シェフが見事優勝、日本代表に選ばれたのだ!
Comme’N‬(コム・ン)

プレハブ小屋がパン屋!?

着きましたー! って、ここ喫茶店の駐車場じゃん!?

と、わざとらしくひとりツッコミしてみたが、なんとこのComme’N‬、喫茶店「珈琲哲學」の駐車場に建つプレハブ小屋を間借りして営業しているのだ。休日ともなれば、駐車場に行列ができる光景は圧巻。
Comme’N‬(コム・ン)

窓がパン売り場!?

パン売り場はなんとプレハブ小屋の窓!

商品のパン
商品のパン

1 2 3 4 5 6次のページ
access_time create folder生活・趣味
びゅうたび

びゅうたび

旅するメディア「びゅうたび」は、ライターが現地を取材し、どんな旅をしたのかをモデルコースとともにお届け。個性たっぷりのライター陣が、独自の視点で書く新鮮な情報を、臨場感たっぷりにご紹介します。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧