ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

モニター2台につなげられる! USB-Cドック「TitanHub」は16のポートを搭載

USB-CタイプのPCの愛用者で、さまざまな作業をこなしたいという人にかなり便利そうなUSB-Cドック「TitanHub」を紹介しよう。

モニター2台につなげることができるなど計16ものポートを搭載し、最大70WのPD急速充電をサポートするパワフルなハブだ。

・USBポートは計7つ!

TitanHubはルーターのような形状のスタンドタイプで、前後に各種ポートが搭載されている。内訳はというと、片方の面にUSB 3.0が3つ、USB-Cが2つ、それから3.5ミリのオーディオジャック、SDカード・TFカードリーダー。

反対側には、PD 100Wインプット、USB 2.0ポート2つ、1080p VGA、4K HDMI、DCインプット、イーサネットがくる。

これだけ充実していると、モニターやプロジェクターにつなげてPCにある映像を映しながら、メモリカードからデータを転送したり、音楽をイヤホンで楽しんだりと、あれもこれもできる。

・メーカー問わず利用可

また、さまざまな作業をするとPCのバッテリーの減りも速いが、PD 100W USB-Cアダプタを使えば60~70Wで急速充電できる。TitanHubにつなげてのガジェット類の充電は最大7.5W出力となる。

基本的にはUSB-C搭載のものであればラップトップPC、タブレット、スマホなどメーカー問わず利用でき、ユニバーサルなドックだ。

デンマークのスタートアップが開発したこのTitanHubは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開していて、今なら89ドル(約9500円)の出資で入手できる。

すでに目標額は達成し、8月4日まで出資を受け付けたのち9月にも発送される。送料は世界各国無料となっている。

TitanHub/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき