ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ビール缶のライトセーバーかよ 缶同士が連結するコロナビールの『Fit Packs』

プラスチックごみ問題への意識が世界的に高まっていることを受けて、日本でも来年4月を目途にプラスチック製レジ袋の有料義務化が実施されようとしています。

海外では政府主導だけではなく、企業自ら率先して環境問題に取り組むようになっています。

Corona Fit Packs(YouTube)
https://youtu.be/mPdfbjzCXXY


ライムと一緒に飲むことで知られるコロナビールは、プラスチックごみの削減を目的とした新しいビール缶『Fit Packs』を発表しました。

アメリカのスーパーなどで、缶ビール6本がプラスチックのリングでひとまとめにされ、”6パック”と呼ばれる単位で売られているのを見たことがある人も多いと思います。

ネジの原理で缶同士が連結するのが『Fit Packs』の特徴です。最大で10本までビール缶を連結させることが出来る『Fit Packs』の誕生で、プラスチックリングも缶ビールを入れるビニール袋も不要になり、プラスチックごみ問題に大きく貢献できるとしています。

高まる一方の環境に対する問題意識を追い風に、『Fit Packs』が今後ビール業界のスタンダードとなるのかも注目されます。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=mPdfbjzCXXY

※ソース:
https://www.packagingnews.com.au/beverage/corona-tightens-the-screws-on-plastic-waste

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき