ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

写真と一緒に音も“撮れる”! 富士フィルムのカメラ「Mini Liplay」はフレームも充実

撮ったその場でプリントが楽しめるインスタントカメラ「チェキ」は発売から20年を迎えるが、今でも根強い人気を持つ。そのチェキがさらに進化した。

富士フィルムは、なんと写真に音を入れられるチェキ「instax Mini Liplay」を発売する。音のほかにも、スマホの画像をチェキのフィルムに印刷できたり、フレーム付きでプリントできたりと、機能がかなり充実している。

・QRコードに音

ムービーでもないのに、写真にどうやって音を盛り込む? と誰しも思うだろう。実はMini Liplayでは録音できるようになっていて、その音をQRコードにして写真にプリントできる。QRコードをスマホの専用アプリで読み込むと音が流れるという仕組みだ。

録音できる時間は最大10秒とさほど長くはないが、誰かにショートメッセージをあてるには十分だろう。プリントの端にメッセージを手書きすることはあるが、声も届けられるのは素敵だ。

・スマホの写真も印刷できる

また、何気に嬉しいのがスマホに入っている写真のデータをBluetoothでMini Liplayに送って、プリントできる機能。スクリーン状の画像とは別のぬくもりがプリントにはある。

この機能ではMini Liplayに送信する前に画像の拡大や縮小もできるようになっている。

・スマホでシャッター操作

加えて、フレームやフィルターの機能も便利そうだ。セリフを書き込める吹き出しを入れたり、漫画風にしたりといったこともでき、写真をセピア色にすることもできる。その他、Mini Liplayのシャッターをスマホからリモート操作できる機能は自撮りに活躍しそうだ。

画像データの送信からプリント排出まで待ち時間はわずか12秒、フル充電で100枚の印刷が可能とのこと。Mini Liplayの発売日は今月21日で、オープン価格となっている。

instax Mini Liplay

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき