ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ハナエモリ創立者「森英恵」のコレクション展、出身地・島根県で開催 スーツ&ドレスを展示


イブニングドレス「ベージュにりんごの花のドレス」1998年春夏

ファッションブランド「ハナエモリ(HANAE MORI)」を手掛けたデザイナー・森英恵のコレクション展「森英恵」が島根県立石見美術館で開催中。会期は、7月7日まで。

森英恵は、島根県六日市町(現 吉賀町)出身の世界的デザイナー。1950年代に映画衣装の仕事で頭角を表すと、1965年にはアメリカへと活動範囲を拡げ、1977年には東洋人として初のオートクチュール組合のメンバーとなり、以降世界一の素材と技術を用いて自身のクリエーションに打ち込んでいる。

本展では、島根県立石見美術館が所蔵するオートクチュール・コレクションの中から、スーツとドレスを展示。「ベージュにりんごの花のドレス」や「プリーツをあしらったウールのスーツ」をはじめとする計10点の作品が登場する。重なりや折りなど布に凹凸を持たせ、そこから生じる陰影が繊細な表情を持つ作品と、秋草や役者絵など日本美術から着想した鮮やかな図案による力強い表現が冴える作品との2ジャンルで構成することで、森英恵というアーティストの持つ「静と動」、二つの顔を比較しながら作品の魅力を堪能できる。


イブニングドレス「プリーツをあしらったウールのスーツ」2001年春夏

コレクション展「森英恵」
会期:2019年5月29日(水)~7月7日(日)
開館時間:10:00~18:30
会場:島根県立石見美術館 展示室C(グラントワ内)
住所:島根県益田市有明町5-15
観覧料:一般 300円、大学生 200円、小中高生 無料
展示作品数:10点(予定)
【問い合わせ先】
島根県芸術センター「グラントワ」
TEL:0856-31-1860

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき