ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

目の疲労を軽減させる白黒Eインクディスプレイスマホ「Kingrow K1」がIndiegogoに!

スマートフォンの液晶画面から出てくる青い光は、人の目に優しいとはとても言えない。不眠の原因にもなってしまう。

常時スマホを持ち歩いたり、ながらスマホで事故を起こすのは確かに問題だ。それと同じように、スマホによって視力が低下してしまうのも大きな問題である。

クラウドファンディング「Indiegogo」に登場した「Kingrow K1」は、Eインクディスプレイを採用したスマホ。目に優しく、睡眠を妨げないモバイル端末だ。

・「文字を読むこと」に特化した白黒画面スマホ

スマホの液晶画面から出る光は、視力低下や睡眠障害をもたらすこともある。それは言わば現代病であるが、Kingrow K1はEインクという手段でそれを解決しようとしている。

Eインクだから、その画面はもちろん白黒。RAM2GB、ROM16GBでCPUもハイエンドクラスのものではないが、そもそもKingrow K1はゲームをしたり動画を見たりというものではない。テキストメッセージや電子書籍を読む使い方を前提にしているのだから、スペックもそれに合わせている。

ナノSIMを2枚搭載することができ、micro USBを使ってROMを128GB追加することができる。スマホだから、前後にカメラも搭載されている。画面がEインクであること以外は、ローエンド帯のスペックの機種と言えるだろう。

・資金調達は順調

このKingrow K1は、現在Indiegogoで資金調達を行っている。世界中から出資が相次いでいるようで、期限残り49日の時点で既に目標の1300%もの資金を集めてしまった。

価格は1台299ドル(約3万2300円)から。今年8月に配送予定だ。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき