目の疲労を軽減させる白黒Eインクディスプレイスマホ「Kingrow K1」がIndiegogoに!

access_time folderデジタル・IT
スマートフォンの液晶画面から出てくる青い光は、人の目に優しいとはとても言えない。不眠の原因にもなってしまう。

常時スマホを持ち歩いたり、ながらスマホで事故を起こすのは確かに問題だ。それと同じように、スマホによって視力が低下してしまうのも大きな問題である。

クラウドファンディング「Indiegogo」に登場した「Kingrow K1」は、Eインクディスプレイを採用したスマホ。目に優しく、睡眠を妨げないモバイル端末だ。

・「文字を読むこと」に特化した白黒画面スマホ

スマホの液晶画面から出る光は、視力低下や睡眠障害をもたらすこともある。それは言わば現代病であるが、Kingrow K1はEインクという手段でそれを解決しようとしている。

Eインクだから、その画面はもちろん白黒。RAM2GB、ROM16GBでCPUもハイエンドクラスのものではないが、そもそもKingrow K1はゲームをしたり動画を見たりというものではない。テキストメッセージや電子書籍を読む使い方を前提にしているのだから、スペックもそれに合わせている。

ナノSIMを2枚搭載することができ、micro USBを使ってROMを128GB追加することができる。スマホだから、前後にカメラも搭載されている。画面がEインクであること以外は、ローエンド帯のスペックの機種と言えるだろう。

・資金調達は順調

このKingrow K1は、現在Indiegogoで資金調達を行っている。世界中から出資が相次いでいるようで、期限残り49日の時点で既に目標の1300%もの資金を集めてしまった。

価格は1台299ドル(約3万2300円)から。今年8月に配送予定だ。

Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧